異見と異聞

表現者たる作家さんは自分自身の主張を持っていて

日々それを研鑽すべく、ひろく学ばれていることと思います。

そこには専門性や、得意を活かしたニッチなこだわりが

活かされていて、それが読者を楽しませる魅力の源泉となります。

どこかで聞いたような話や視点に留まらない

その人でしか表現できない世界を作品に求めるのが読者で

読ませるための絶え間ない努力をしているのが作家さん

この関係は不動のものでしょう。

そしてそれを進めていく作家さんにとっては

自分らしさ、自分ならではの作品性と世界観を

継続的にかたちにしていくことは本当に大変なことだと

思います。

さて、今回の私からのアドバイスは

異見と異聞を意識して取り入れるようにしてみることで

創作活動に新陳代謝を組み込む

というものです。

異見(いけん)というのは意見の間違いではありません。

異なる見解、考え方に積極的に耳を傾けるという意味の言葉です。

そしてまた異聞、いつもとは違う分野について調べてみることもいいですね。

あまり読まない分野の本を読んでみる

これまで興味を持っていなかったアーティストの曲を聴く

敬遠していた映画をまっさらな気持ちで観てみる

そしていちばんおすすめなのは

まったく違う分野であなたと同じように創作に取り組む

作家さんと話をしてみるのもいいかもしれません。

さあ今日は

ちいさな異見や異聞に向き合ってみてはいかがでしょうか。