医療の現場からレポート⑫

心の運動療法家、岡本浩之です。

精神科クリニックで診療をしていて感じたこと、思っていることを「医療の現場からレポート」と(大げさに)題してお伝えしていきます。

新型コロナウイルスとの共存

緊急事態宣言が解除され、その後に発出された東京アラートも解除され、休業要請も緩和され、徐々に通常の生活に戻りつつある方も増えているかと思いますが、東京での感染者数がここに来て増えており、まだまだ予断を許さない状況が続いています。

感染者数がゼロになるということは考えにくい(ゼロになったとしても一時的なものと思われます)ので、「ウィズコロナ」という言葉が示すように、新型コロナウイルスとどう共存していくかを考えていく方向に向かっていますね。

何でもかんでも自粛、規制、だけでは我々は生活できなくなるので、感染拡大リスクを減らしつつ活動をということで、再開の基準が設けられてそれに沿って動き出しつつあります。

とはいっても、明確には決められないことが多いので不安に感じたりイライラしやすくなりますよね。

メンタル不調の方が増えています

そんな先の見えない閉塞感、不安、イライラ、活動量の低下や生活リズムの乱れが引き金となって、精神的に調子を崩す方が増えています。

この状況で心穏やかに過ごせる人はまずいないでしょうが、やはり心身へのダメージは大きいですよね。

緊急事態宣言が出て間もない時期だったかと思いますが、「自殺者の数が減った」という報道がありました。危機的状況が起きると、すぐに沈んでしまう反応を起こす場合と、最初は逆に元気になって活発になる反応を起こす場合があります。元気な状態が長く続けばよいのですが、知らず知らず無理をしている状態なのでどこかで沈んでしまいます。

私たち精神科医は改めて気を引き締めて治療に向き合わないといけませんね。

とはいってもダメージは他人事ではない

そんなことを考えて気を引き締めていたのですが、私自身が自律神経の乱れで若干失速しました。

まず最初は首に原因不明の湿疹が出て広がり、かゆみの影響で眠れなくなりました。

その後数日して、急に激しい動悸や大量の発汗、吐き気、倦怠感、筋肉痛などの症状が一気に噴き出してきました。

いずれも数日のうちに落ち着いたのですが、知らず知らず私も無理をしているのだなと感じました。

3カ月半ほど自宅に戻っていないですし、通勤時間往復3時間がなくなって時間が出来たからと今まで以上に活動をしていたように思います。

他にもストレス因子はありますが、減らせるストレスは減らすことを再度心がけて、メンタルを強くする運動をして、しっかり食べて寝るようにします。