産後うつは甘えなのか?

心の運動療法家、岡本浩之です。

産後うつは甘え?

Twitterで目にしたのですが…ある方のツイートが話題になっていました。

もし奥様が「産後うつ」を言い訳にして家事や育児を怠ったら怒鳴りつけて躾けましょう。私は産後3ヶ月で衆議院議員選挙を全力で駆け抜けました。

「産後うつ」は「甘え」です。

「産後うつ」なる病気は地球上に存在しません。誰かが勝手にあると思い込んでいるだけ。(icdにもdsmにもない。産褥期うつ状態F530はあるが、状態であってうつではない)

これからなる世界は、甘ったれた精神ではならんのです。

という内容です。(ご本人のツイートをそのまま引用しました)

「産後うつ」という診断名はない?

確かに「産後うつ」という疾患名そのままではICDやDSMの診断基準には載っていないですが、だから甘えだ!というのは随分と飛躍し過ぎていますね。

一般的に「産後うつ」と言われる状態を、ICDやDSMに記載された診断名で表記することは可能です。
※ 「産後うつ」と一括りにされますが、うつ症状の内容や程度によって名称は変わってきます。

妊娠、出産という大きなストレスがかかるのですから、当然精神的にも不安定になりやすいです。
甘え(サボっている、だらしないというマイナスな意味を含めて使っている言葉と解釈しました)で片付けることは出来ません。

産後すぐの選挙活動は確かに大変だけど

たとえ周囲の協力があったとしても(協力がなければ尚更のこと)、産後3か月で衆議院議員選挙を全力で駆け抜けるのは相当な労力だったかと思います。

選挙の結果がどうであれ、その頑張りはとても素晴らしいことです。「落選したやん!」とからかって揶揄すべきではないと思います。

ただ、ご自身が出来て他の人が出来ないことを「甘えだ」、と切り捨てることはいかがなものかとも思います。

甘えることが苦手な人たち

日頃の診療で、うつ状態になる人達は適切に甘えることが苦手で、甘えることが出来ず耐えてため込んだ結果潰れてしまうパターンが多いとも感じます。
安易にうつ状態に逃げているのではないです。

※そうではない方もいらっしゃることは申し添えておきますが。

うつ症状に苦しむ方々が益々声を上げづらくなるのではと感じたので、記事にしました。

ツイート主の過去のツイートを見ていると、「精神疾患であることを理由に責任逃れがまかり通っている」という憤りがあるのかなと感じました。

確かに事件の犯人が精神疾患であることを理由に減刑される、というのは納得いかない人が多いでしょう。

しかし、精神疾患を有している=何をやっても許される ではないです。

私も精神鑑定に従事していたことがありますが、精神疾患を有する加害者の責任能力の有無については、(当たり前ですが)かなり慎重に検討を重ねて判断を下しています。何でもかんでも「精神疾患だから許してあげてよ」なんて甘いものではないです。

もちろん、被害者やその遺族の方からすれば納得できないとは思います。私の近い方が被害を受け、加害者が精神疾患を有していた場合、私自身が冷静にこんな話が出来るとは思えません。ただ、安易な判断をしているのではないとだけは説明させてください。

過去の大きな事件の鑑定書は書籍の形で我々が目にすることも可能ですので、興味のある方はご覧ください。