医療の現場からレポート⑬

心の運動療法家、岡本浩之です。

精神かクリニックで診療をしていて感じたこと、思っていることを「医療の現場からレポート」と(大げさに)題してお伝えしていきます。

新型コロナウイルスの影響はまだ続く

前回のレポートで、自律神経症状が出てしまったことをお伝えしました。

その後、自律神経症状はおかげさまで小康状態となり普通に生活しておりますが、急に出てくるのでまだまだ油断しないでおきます。

新型コロナウイルス感染拡大がようやく落ち着いたと思ったらまた感染者数が増えており、まだまだこちらも油断出来ませんね。

重症者の数は決して多くないようですが、このまま感染拡大が起これば重症者が増えます。

精神科医ですが内科系の休日当番やPCRの検体採取もやっているので、感染拡大を助長しないよう気をつけます。

北本で寝泊まりするようになってまもなく4ヶ月ですが、自宅に戻るのは引き続き難しそうですね。
てか、戻れる日が来るのか?!

対面での運動講座開催は当面難しい

それはさておき。

当院ではヨガとランニングの運動講座を開催しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大にともない休止しております。

今の状況を見る限り、再開の目処が立てられません。

運動講座の代わりに、と言えるのかは分かりませんが…一緒に運動出来ないので、運動について解説した用紙を、希望する方には配布しています。

何としても運動をしてほしい方にはこちらから押し付けたりしていますが(笑)

YouTubeでの解説動画もQRコード化しております。

コロナうつを防ぐために②

「うつを予防するために、自宅で出来る運動をしましょう!」というテーマで動画を公開しておりますが、今回は第2回目。

コロナうつを防ぐ 第2弾

実際の運動動画も1つだけ紹介しました。
しっかり運動をやっている方からすると、「こんなので良いの?」と思われるでしょうけど、まずは負荷の軽いものから。
トレーニングに詳しい方は「これってタバタ式じゃん?」と思われるでしょうけど、その通りです!
トレーニングをやっている方からすると当たり前のように何気なくやっていることが、うつの予防や改善に良い、ということをお伝えしていきたいと思います。
特別な難しい運動をする必要はないです。

難しい運動になると、元々運動が苦手な私には出来ないので…

動画を見ながら、一緒に動いてみてくださいね!!

次回は心拍数計測についての話し、より負荷の高い運動の紹介もしていきます。

前回の動画はこちらをご覧ください。

コロナうつを防ぐ 第1弾

コロナうつを防ぐために①

心の運動療法家、岡本浩之です。

在宅ワークが多く活動量が減って生活リズムが崩れてメンタル不調となる方、通勤を再開したことの負担からメンタル不調となる方が増えています。

これは決して他人事ではなく、メンタル不調に陥る危険が私も含めて全員高まっていると言えます。

メンタル不調を予防する手段は・・・・

私と一緒に運動をすることです!

話しの展開が強引ではありますが(笑)

こちらのYouTubeチャンネルに頻回に登場して小出しに行っていく予定です。

まずは第1回目!

宜しければチャンネル登録してご覧下さい。

次回は着替えて実際の運動もやってみますね。

※私個人のチャンネルではないです。

※お前に言われなくても運動はしっかりやってるよ!という方も、なぜ運動がメンタル不調に良いのか再認識するためにご覧頂けたら嬉しいです。