心の不調は精神科?心療内科?

唐突ですが、皆さんに質問です。心の不調を抱えた時に、何科に行きますか?

精神科!という方と、心療内科!という方がいらっしゃるのではないでしょうか?

最近は「メンタルヘルス科」「メンタルクリニック」とのみ標記している病院も増えましたが、精神科と心療内科の両方を掲げているところも多くなっていて分かりにくいですよね?

この2つの科はもちろん別物です。

精神科というのは、うつ病とか、パニック障害とか、統合失調症とか、皆さんになじみのある「心の病気」を診る科です。

一方、心療内科というのは、内科ですのであくまでも体の病気を診るところです。体の病気の中でも特に、精神的ストレスなど心の不調が症状に影響を与えているものを診る科です。高血圧、胃潰瘍、じんましん、アトピー、円形脱毛症などが例です。いわゆる「心身症」というものですね。

ここで心の病気、体の病気、と分けてはいますが、心と体はつながっていると感じることが多いです。心の病気は脳の不調で、そして脳も体の一部であるということを考えると理解はしやすいですよね。

私自身を振り返ると、うつ病の症状が悪化している時には風邪をひきやすく、風邪の症状も重症化して長引きました。うつ病だから、というよりもうつ病の症状として食欲が低下したり、眠れなかったり、運動も出来ず体力が落ちていたりということが原因なのですが。

体の調子を整えると心の調子も整いやすいということは強く実感しています。その体験が、運動で治すという私の考えにもつながっています。

心療内科、精神科の両方が並べて掲げられている場合は心の病気、心の不調が関係する体の病気両方を広く診ますよ!という意味だとお考え下さい。

精神科だけしか書いていない病院が心療内科の病気を全く診ることが出来ないのかというと、そんなことはないです。心療内科だけしか書いていない病院も、心の病気にも対応できることが多いです。

ただ、中には「精神科のことはそこまで得意ではない。」という病院もわずかにあります。

心療内科だけを掲げている病院を受診する前に「こういう症状なんですが受診してもいいでしょうか?」と聞いてみると無駄足にならずに済むかもしれませんね。でも、そんな電話するのも気が引けるし無駄足になるのが心配、ということでしたら「精神科」を掲げているところにしましょう。

ちなみに・・・当院も「心療内科・精神科」と併記しています。最初は「精神科」だけにしようと思っていたのですが、「精神科、だけでは相談しにくい!」という声を多く頂いたことから、両方掲げることとしました。

受診先が決まったとして、じゃあ精神科では何をするのでしょうか?

診察ではまず、精神科医が患者さんの話しを聞きながら診断や治療方針を決めます。

ですから、困っている症状を話して頂くのですが、精神科医は患者さんが話す内容だけでなく、表情の変化。仕草など、言葉以外の情報にも注目しています。

何を話さないといけない、という決まりはないので何を話しても大丈夫ですが、心を許して良いのか分からない相手に全部は話せませんよね。話したくても、緊張して大事なことを言い忘れることもあると思います。

1回の診察で全部を話す必要はなく、また精神科医も1回の診察だけでは判断できず診察を重ねる中で診断をしたり治療方針を決めることもあるので、医師との相性も考えつつ徐々に話していくものだと、気長に構えていてくださいね。

ただ、大事なこと、漏らさず伝えたいこともあると思います。

大事なことは紙に書く、携帯電話のメモに保存しておくなどして、それを見ながら話して下さい。大事なことがたくさんありすぎて整理がつかない、という場合にはそれを全部メモして、まずは3つだけ伝えてみましょう。

1度にあれもこれも伝えなきゃ、と混乱して結局は大事なことを伝えずに終わってしまい後悔することもあります。時間をかけて少しずつ順番に伝えていく。そう考えると落ち着いて伝えやすくなります。

何を伝えるかについては、「生活や仕事に影響が出て困っていること」という基準で選んでメモをしてくださいね。

それでも話せない場合は、メモをそのまま見せてしまっても良いかもしれません。その中でどれが大事かは、精神科医が感じ取ってくれます。

メモに書くのは文字だけとは限らず、絵や図をかいてみるのも良いですね。

完璧な患者を演じる必要はないです。まずは話せる範囲内のことだけを話し、打ち解けてきたら徐々に大事なことを話していくようにしましょう。言葉で伝えるのが難しかったら、文字や絵、図の形で伝えてみる、というのも活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です