医療の現場からレポート⑩

心の運動療法家、岡本浩之です。

精神科クリニックで診療をしていて感じたこと、思っていることを「医療の現場からレポート」と(大げさに)題してお伝えしていきます。

新型コロナ禍で自律神経失調症に?

新型コロナウイルス感染症感染拡大により発出されていた緊急事態宣言が5月末に解除されましたが、都内などで感染者数が増え、「東京アラート」という言葉がニュースになっていますね。

まだまだ新型コロナウイルス感染には注意をして生活をする必要がありそうです。

そんな中で、「うつ、自律神経失調症の方が増えている。」というニュースを目にしました。

「うつ」については、「気分が落ち込んで憂うつで、何もやる気が出なくて眠れないし食欲もなくて・・・・。」と何となくイメージできる方が多いのですが、「自律神経失調症って何?」というと分かったような分かっていないような、そんな方が多いように思います。

そもそも自律神経って何?

自律神経って一つの独立した神経のように思っていませんか?

自律神経は、「活動する時に活発になる交感神経」と「安静時に活発になる副交感神経」で構成されています。つまり、単一の神経ではないのです。

呼吸、血液の循環、体温調節、消化、排せつ、免疫など全身の機能を調節するために24時間働いています。

交感神経と副交感神経がバランスよく働くことで我々の体は保たれるのですが、自律神経失調症ではこのバランスが崩れています。

自律神経失調症の症状は?

ふらつき、動悸、発汗、息苦しさ、のぼせ、冷え、頭痛、耳鳴り、便秘、下痢、生理不順、吐き気、胃痛、頻尿・・・・・

症状を挙げるときりがなくなってしまいますが、全身の器官をコントロールしているので人によって様々な症状が現れます。

ついでに言うと、「自律神経失調症」は一つの疾患名というよりは、「交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態となって起きる症状」の集まりのことです。

不規則な生活、新型コロナ禍のような大きなストレスがきっかけで一過性に起こる場合と、うつ病やパニック障害などの症状の一つとして起きる場合などがあります。

私たちが出来る対策は?

うつ病やパニック障害の症状として起きる場合は、その治療をすると自然に治まることも多いです。薬を飲んだり、カウンセリングを受けたり、動けそうなら少しずつ運動もしたり。

新型コロナ禍のような大きなストレスが原因の場合、中々避けるのが難しいですよね。前もって準備のしようがないですし、ストレスから逃れることも不可能ですから。

予防するためには極力規則正しい生活をして、しっかり運動をしましょう!

結局運動って言いたいだけだろうって?

バレましたか・・・

室内で出来る運動をぜひ一緒にやりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です