「明るい精神科」とは

「精神科」と聞いて皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか?

以前と比べて偏見は減りつつあるとは思うのですが、それでもまだ「重い」「暗い」「怖い」得体の知れない場所だと感じる方が多いように思います。

また、精神科医以外の医師の中には、今でも精神疾患に対してマイナスなイメージを強く持っている方がいます。精神疾患を持つ患者さんが内科などで体の症状を相談しても、精神疾患を持っていると分かった途端に内科医の態度が変わって、「うちでは診られないよ。」と冷たく言われて、体の病気の治療開始が大きく遅れたという話しを患者さんから実際に聞きます。

私だって、精神疾患への偏見がないとは言えません。

私は12歳でうつ病を発症して4回繰り返しましたが、それを公表出来たのは回復して安定した38歳頃になってからでした。

私が精神科に通って薬を飲んでいることを知ると、「危ないヤツ」「頭がおかしいヤツ」と言って周りの人たちは距離を置くのではないか、と恐れて自分の病気のことは長い間隠していました。

精神疾患を持っていることは恥ずかしいことではない、と患者さんにはエラそうに言いながら、自分が恥ずかしくて言えなかったのです。

公表をしている今でも、「あいつ、うつ病だって。弱いヤツだぞ。気持ち悪いな。」などと周囲から見られているのではないかと気になります。

でも、気にしてばかりでは何も変わりません。

精神的な不調を感じても誰にも相談出来ず抱え込み、どうにもならないくらい重くなってからやっと病院に行く、という状況はそろそろ終わりにしないといけません。重くなってからでは、治療をしても治りが悪くなってしまいます。

手遅れになる前に、精神的な不調が起こる前に予防が出来て、精神的な不調が起こりそうな時に早い段階で周りに相談が出来て、治療を受けられるのが当たり前の世の中を作りたいと考えています。

そのために私は、「明るい精神科」というものを広めていきたいと思っています。

「明るい」という言葉は、精神的にツラい方からすると「ふざけている。」「ツラい気持ちを軽く見ている。」と不快にと感じられるかもしれません。

しかし、決して病気を軽いものと考えたり、ふざけているのではありません。

私は「明るい」という言葉に、「楽しい」「陽気な」という意味よりも「道が照らされてよく見えている」という意味を込めています。

私は仕事が終わった後の夜遅くにランニングをするのですが、街灯のない暗い道を通るので足元が見えず、足を取られて転ばないか、捻挫しないかなど不安を感じながら走っています。何度同じ道を走っても、やはり夜の暗く足元が見えない中を走るのは怖さがあります。

実を言うと、暗い中を走っていて排水溝に落ちたり車止めのチェーンに足を取られて転んで顔を打ったりしたことがあります。だから尚のこと恐怖なのです。

しかし、同じ道を昼間の明るい中で走ると、足元が見えて先も見通すことが出来て、安心して走ることが出来ます。

精神疾患を抱えている方、精神疾患になるかもと不安に思っている方は、「どこに相談したら良いのかな?」「本当に相談してよいのかな?」「相談した結果もっとつらい思いをするんじゃないかな?」などと暗い中で足元も前も見えず不安や恐怖を感じています。

私の話しが、足元や前を照らす明かりとなったら良いな。そんな思いを込めて「明るい精神科」を掲げていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です