医療の現場からレポート⑨

心の運動療法家、岡本浩之です。

精神科クリニックで診療をしていて感じたこと、思っていることを「医療の現場からレポート」と(大げさに)題してお伝えしていきます。

緊急事態宣言解除

4月に出された緊急事態宣言が5月末に解除されました。

後から振り返れば、「ああすれば良かった。」「こうすべきだった。」という批判はいくらでも出来ますが、感染拡大防止のためにそれぞれが出来ることを実行し続けたことが結果として出たことは事実だと思います。

反省をして今後の対策に活かすことは大切ですが、情報の少ない中を手探りで頑張ったことについては各々が評価されて良いと思います。

かといって、緊急事態宣言が解除されたからもう大丈夫だ!と安心して羽を伸ばせるわけではないことも事実です。実際に北九州では感染者数が拡大していますし、都内でも決して楽観視出来る状況ではありません。

引き続き感染拡大防止のために各自が注意をして過ごす必要はあります。

3月中旬以降は長距離異動による感染拡大防止のため都内の自宅に戻っていない状況が続いておりましたが、私個人の出来る対策として引き続き北本での生活を続けることとします。

解除されたけど不安はたくさん

目に見えないウイルスが相手ですから、いつ自分が感染するか、自分が感染を拡大させるかという不安は常に付きまといます。

また、営業自粛やイベント中止などにより収入がなくなる、営業を再開しても収入は激減していることによって、経済的な不安が常に付きまといます。

在宅勤務になったり、在宅と出勤を組み合わせた勤務になって、生活リズムが変わることも大きなストレスとなります。

学校が休校になったり分散登校になったり、部活や大会も中止になったり、勉強も思うように出来なかったり、目標設定が難しい状況になっています。

実業団やプロのスポーツ選手であっても、大会が中止になって、目標が見えない、自分達の将来が不透明であることの不安を強く持っている方が増えています。

我々医療従事者も、経済的な不安に直面しています。新型コロナウイルス感染拡大の影響で医療収入が大きく下がっている病院は多く、これまで通りの給与を維持出来ないところも増えています。

出口が見えない中で出来ることは?

新型コロナウイルス感染の影響は今後も我々の生活に大きく出続けるものと考えられます。

これをやったら解決出来ます!という絶対的な答えはないですから。

前向きに頑張ろうとエネルギーを解放して積極的に動いている方、その日その日をどうにか乗り切っている方、調子を崩して休養せざるを得ない方、それぞれの過ごし方があって良いと考えています。

私がしなければならないことはまず、診療を継続することです。そのためには長距離の移動を避け、診療以外での人との接触を避け、体力を維持するために運動をし、食事をしっかり摂り、睡眠も出来るだけ確保して、ウイルス感染症の発症、拡大を防ぎます。

その一方で、メンタルについて記事や動画の発信、zoomお悩み共有、相談ルームの開催などにも取り組んでいく予定です。

何事についてもモチベーションを保つのがきついな、逃げたいな、辞めたいな、と思うことが私自身も正直なところあります。

ですから、皆さんに発信してお伝えしていることは私自身に強く言い聞かせていることでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です