4回目のうつ病悪化

2010年11月末になって、突然眠れなくなりました。それまではいくら寝ても疲れが取れない状態だったのに、今度は一睡も出来ません。

12月頭にフルマラソンの大会に出る予定だったので、最初は「もしかしてまた中学生の時みたいに緊張しすぎているのかな?大会が終われば落ち着くだろう。」と思っていました。

ただ、練習の一環として走るつもりの大会でしたしそこまで緊張するはずがないのに、という違和感もありました。吐き気や食欲低下もありましたが、走れないほどではないため大会に出場しました。眠れない、食欲もない状態でしたから最初から体が動かず、3時間11分かかって何とか完走しました。

大会が終わって眠れるようになる、と思っていたのですが、その後も眠れない日が続きます。全身の異様な筋肉痛が続き、何日経っても回復しません。食欲低下や吐き気も続き、全身倦怠感が強くなりました。

診療をしても上の空で、話しが頭に入ってこず、頭が働いていません。夜は横になっても一睡も出来ず、少し寝ても悪夢で目が覚め、体が常に緊張している状態でした。

12月中旬からは仕事に行けず、家で寝ているしか出来ませんでした。少し前までは長い時間走っていたのに、走ることなど到底出来ません。2011年2月に、「別府大分毎日マラソン」というテレビでも放映される大会に初参加する予定で、それを目標に練習をしてきました。しかし、それどころではなくなりました。

走るどころか、家から外に出ること、入浴すること、着替えることさえもとても困難な作業になりました。冬場とはいえ汗もかきます。着替えず入浴もしないと不潔であると分かっているのに、体が動きません。

「とにかく眠りたい。」と自宅近くの病院を受診し、睡眠薬と抗不安薬を処方されました。「これで眠れる。」と思ったのですが、薬が全く効かず眠れません。

栃木県の職場までどうにか出勤して、医師に相談しました。そこで睡眠薬等を処方されたのですが、それでも眠れません。

食事は摂れないし、気分も落ち込んで生きているのがつらくなりました。さらには薬の副作用にも苦しみました。

「アカシジア」と呼ばれる副作用があるのですが、この副作用が出ると体がムズムズしてじっとしていられなくなります。ただでさえ死にたい気持ちがあるところにアカシジアが加わってソワソワと落ち着かず、自殺をして楽になりたいと考えました。

自分の持ち物のうち大事なものは人にあげる、捨てるなどして処分をしました。処分をしている時だけはなぜか気持ちが晴れやかで、スムーズに動くことが出来ました。

何度も自殺のタイミングを計り、「今がチャンスだ!」と動きましたが、あと一歩が踏み出せません。

薬を変えることでアカシジアは消えましたが、眠れず食欲もなく、気分は沈んで倦怠感も強く、死にたい気持ちが強い状況は続きました。

どうにか仕事には行き、時々入ってくる開業の打ち合わせにもどうにか顔を出していました。しかし、改善する希望は持てず、いつ自殺してもおかしくない状況でした。

2011年1月末からは再び仕事を休みました。「4月1日から開業予定なのに、絶対無理だよ。」そう思いましたが、別に周りの方々が動いて下さり、着々と準備は進みます。整わないのは私の調子のみでした。

それでも2月に入ると、薬を服用していて眠れて食欲もあって調子が良い日が数日続くこともありました。その時には、「今度こそ治るのではないか!」と少し明るい気持ちになりました。しかし、その後に再び全く眠れず気分は落ち込みます。

「良くなるかも。」と期待しただけに反動は大きく、もう治らないのではと絶望しました。

その度に医師に訴えて薬を変更していました。本来は抗うつ薬の効果というものは時間をかけてゆっくりと出てくるので、やたらと変更すると効果があるかないか判断出来ず、結果的に回復が遅れることが多いと分かっていても、つらい状態を1日たりとも耐えることが苦しくて待てませんでした。

依然として病状が落ち着かない最中、2011年3月11日には東日本大震災が発生しました。

「多くの方が被災して亡くなった。生きるべき人が亡くなって、何で自分みたいな役に立たない人間が生きているんだ。情けない。」そう思って自分を責めていました。眠れず体が怠く、食欲がない状態は続きました。1日たりとも生きている自信がない、そんな状態でした。

電車の間引き運転や計画停電などもあり、開業も延期した方が良いのではないかという話しが出ましたが、何をどうして良いのか決断出来ないまま、2011年4月1日に北本心ノ診療所を開院しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です