逆理

- Category - Uncategorized

この40年間で地球上の野生の動物の種の数が60%消滅しているという。その生態系に関する研究で「殺虫剤の逆理」という現象が起きているらしいことがわかってきた。これは害虫を駆除するために撒いた殺虫剤が、害虫の天敵をも駆除してしまい、結果として生態系のバランスを崩してしまい不安定化するからだそうだ。一般的に生態系は多くの生物がかかわることで安定性を保っている。多様性が損なわれると生態系は不安定になるのだ。同じように人間社会、つまり我々の普段の生活にも同じことがいえるのだ。人生色々、多様な意見や生き方があってこそ社会の安定があるのであろう。自分にとって不愉快な存在であろうと無暗に排除してはならない。ネットやAIによるグローバリズム、ボーダレス世界、人類に幸せをもたらすはずが、好いことばかりではない。結果として理不尽な中傷や差別、そして差別を隠れ蓑にした逆中傷や逆差別、暴力。一方的な批判や報道を繰り返し、本質とは別のところの興味本位で世間を煽るマスコミ、大衆に迎合する無知で無責任なコメンテーターたち、それに過剰に反応する薄っぺらで作られた世論。猛暑で思考も停止するのだろうか。こんなときこそまずは、、、「多様性を認め冷静に論じよ。そしてすべてを疑ってかかれ、目の前のものに惑わされるな」さてと、、僕も細君の臀に向かってそうつぶやいてみるか。