山條隆史(やまじょう・たかし)
税理士。顧客の100%が外資系企業であり、外資系に特化したサービスを提供している。 1991年から、当時、国際会計事務所の“Big6”といわれていた中でも、世界最古の会計事務所である「プライスウオーターハウス会計事務所」にて勤務。1994年から3年間は発祥の地である本部のロンドン事務所にて大活躍をおさめる。具体的には、世界的に展開している日本の多国籍企業をサポートする日本企業部所属し、国際的なM&A交渉の場にも立ち会うなど、世界で活躍する日本の大企業からの信頼が厚い存在であった。 帰国後は、青山監査法人プライスウオーターハウスの東京事務所国際税務部マネージャーとして、引き続き日本の多国籍企業の国際戦略を税務的な立場から支援を行う。 独立開業してからは、日本に進出する外資系企業のサポートに専念。神奈川県や横浜市の外資誘致の税務アドバイザー等として、外資系企業の日本での開業を多数支援。 国際税務にかかわることに特に強いが、個人商店担当、株式公開支援部所属、相続・贈与相談の銀行の財務相談室出向、金融税務部のサポート等、幅広い業務に携わった経験では誰にも負けないと自負している。

取材・講演依頼のお問い合わせは株式会社パールハーバープロダクションまでご連絡下さい。
TEL:03-5720-6626
ビジネ改訂新版 トコトンわかる 個人事業の始め方
著者:山條 隆史(著),その他(著)
価格:1620円
出版社:新星出版社; 改訂新版 (2015/9/2)
ISBN:978-4405102705
本書には、個人事業主として独立・起業するときに必要な「ノウハウ」を、イラストと4コママンガをふんだんに使ってわかりやすく解説しています。 もちろん、個人事業をはじめるための「手続き」も、最新の届出書類を掲載しながら、ていねいに解説しています。事業開始後の「経理・確定申告」についてもわかりやすく解説。
社長!御社の会計 ここだけ覚えれば充分です
著者:山條隆史
価格:1620円
出版社:フォレスト出版
ISBN:978-4894514942
エリート税理士が明かす!難しい会計を儲けのツールに変える小さな会社の会計のツボ。
税理士が自ら実践する! ふるさと納税の上手な活用法: H27年税制改正対応版 Kindle版
著者:山條隆史
価格:324円
出版社:プラスワン・パブリッシング; 1版
本書は、今人気の「ふるさと納税」のやり方や納税法などについて、自らも楽しみながら実践している税理士・山條隆史氏がわかりやすく解説致します。

最近のコメント

 

カテゴリー

  • 記事 (76)
  •  

    アーカイブ

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  •  

     

    略歴

    「プライスウオーターハウス会計事務所」にて勤務。1994年から3年間は発祥の地である本部のロンドン事務所にて大活躍。M&A交渉の場にも立ち会うなど、日本の大企業からの信頼が厚い存在であった。現在は、日本に進出する外資系企業のサポートに専念。外資誘致の税務アドバイザー等として、外資系企業の日本での開業を多数支援。国際税務以外にも、大手地銀に出向時に個人商店担当、株式公開支援部所属、相続・贈与相談の銀行の財務相談室出向、金融税務部のサポート等、幅広い業務に携わり、幅広い経験をした。

    平成11年9月まで青山監査法人プライスウオーターハウス(現:PwC 税理士法人)国際税務部マネージャー(東京)

    ・平成3年8月~平成4年6月 仙台事務所
    ・平成4年7月~平成5年3月 千葉銀行財務相談室出向
    ・平成6年3月~平成9年4月 ロンドン事務所出向

    山條隆史税理士事務所所長

    慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了

    慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程在学中

    メディア

    日本テレビ 「きょうの出来事」(国際課税問題について-ビデオ 出演)
    日本テレビ 「ニュースエブリ」(芸能人の祝儀にかかる個人所得税について-電話出演)
    東京新聞 「ふるさと納税について」コメント
    日経トレンディ 「ふるさと納税について」コメント
    週刊現代 「ふるさと納税について」コメント

    出版書籍

    単著 「社長!御社の会計 ここだけ覚えれば充分です」(フォレスト出版)    「税理士が自ら実践する!ふるさと納税の上手な活用法: H27年税制改 正対応版」(Amazon Kindle版)

    共著書 「総解説連結納税制度」(日本経済新聞社)    「グループ会社の経営実務-法務・連結会計・税務-」(第一法規出版社)    「トコトンわかる個人事業の始め方」(新星出版社)


    スキル・資格

    税理士


    More...
    記事
     

    新任CFOの力量の誇示!?

    2017年10月04日 9:47 AM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     クライアントさんの中に、最近頻繁に親会社(米国)のCFOが変わっている会社(日本子会社)があります。

     

     米国企業のCFOは日本の経理・財務担当とは少し違い、経営にも貢献します。詳しくは「『リアル経理学』グローバル企業CFOへのインタビュー:ファイナンス部門の本当の仕事」を読んでみてください。面白いですよ。

     

     さて、冒頭のクライアントさんですが、新しいCFOが着任すると、前のCFOよりも力があることを誇示したいのかはわかりませんが、月次報告資料のフォーマットが増えます。

     このブルグを発信した後は、9月の報告書+新フォーマットを作成して米国親会社のCFOさんに報告しなければなりません。

     

     

     

     

    航空会社の破綻と事業再生、1対1の授業

    2017年10月03日 5:14 PM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     「英航空業界で史上最大の破綻 (英モナーク航空が破綻 11万人が旅先で足止め)」というニュースがAFPBBNewsから発信されました。(2017年10月3日 6:47 発信地:ロンドン/英国)

     それによると、「管財人には国際会計事務所KPMGが任命された。」ということです。

     

     こうした航空会社の事業再生については、北海道が情報開示している「北海道エアシステム(HAC)経営改革案報告書」で実際の事業再生の過程の一部を読むことができます。このHACの事業再生は日本でもKPMGがの人も(=ほかに弁護士等多数)関与していたそうです。

     

     じつはこの話は、昨年の大学院の授業(「事業再生論」)で詳しい内容を聞きました。この案件だけは、北海道が情報開示しているので、その範囲内で実情を守秘義務なく話せるということでした。

     この授業は先生と生徒1対1の授業だったんです。先生は普通に仕事を頼むと1時間当たりのタイムチャージが10万円を超える人です。1対1は何だか気づまりでしたが、とっても得した気分の授業(=1対1で聞きたいことを聞きたい時に質問できる!)だったなぁ、ということをこのニュースを見てふと思い出しました。

    「12月の駆け込み寄附で、 ふるさと納税を限度額ギリギリまで楽しむ方法」を12/17(日)にLive講座で開催

    2017年10月02日 12:47 PM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「ふるさと納税の専門家」/山條隆史です。

     

     「12月の駆け込み寄附で、 ふるさと納税を限度額ギリギリまで楽しむ方法」を12/17(日)にLive講座で開催します。詳しくはこちらをご参照ください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    アップル社は国際税務でも天才!?

    2017年10月02日 11:45 AM [国際税務記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     iPhone=アップル社といえば、国際課税の世界では、節税上手と言われています。

     

     少し古い話ですが、 続きを読む…

    スマホデビューの翌朝

    2017年10月02日 10:15 AM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     昨夜はスマホの使い方の基礎を、家人から特訓を受けました。ただし、電話を掛ける、メールを送る程度だけです。(=いままでガラケーでできていた作業のみ)

     

     今朝は、まだ行っていない初期登録等をしようと思いましたが、自分だけではなかなか進まず、「きょうは月初だ。前月の会計報告等の仕事をしなきゃ!」ということで早断念です。やはり家人に夜に作業をしてもらうことにして、私は仕事に逃げます。

    元祖スープカレー(モンスナック) 元祖・本家・本舗・・・

    2017年10月01日 5:29 PM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     ようやくスマホの開設手続きが終わりました。窓口で申し込みをしてからまる2時間です。あと一手順、最後に画面保護のシートを貼ってもらう作業を依頼しました。さらに待ち時間が30分時間がかかるということで、近くでお昼を取ることに。何となく日曜日で空いてそうな予感がした新宿紀伊国屋本店の地下食堂街に出撃です。ここはB級グルメの宝庫としても知られる食のワンダーランドです。

     一往復して、「モンスナック」に決めました。元祖スープカレーの店と言われるところです。

     

     壁には永六輔をはじめたくさんの芸能人のサインが貼ってありました。こうしたサイン色紙はラーメン屋さんなどでも見かけますが、店に入る前には見えません。入ってから気づくののが普通です。果たしてどんな宣伝になるのか考えてみましたが、答えは出てきませんでした。また考えてみます。

     それよりも私のアンテナに引っかかったのは、「元祖・本家・本舗等」の言葉です。これもまた、価値を高める無形資産になります。たしかに、一見の場合、「元祖・本家・本舗等」の言葉がくっついていれば安心です。でも一回入れば味がわかるので、2度目があるかは1度目にかかっています。ここはおいしかったので、元祖であろうがなかろうが、また来ようかと思っています。 

    スマホデビュー

    2017年10月01日 5:28 PM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     ドコモの2年縛りが消えたので、今日からスマホデビューです。

     

     PCを切り替えても、当日および翌日はいろんな準備ですぐには使えません。さらに初めてスマホを持つので、使い方から覚えなければなりません。今夜から特訓です。

    錦松梅四谷本店 新装開店 vs 休業期間中の従業員の給与

    2017年10月01日 5:20 PM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     四谷三丁目交差点の近くに、高級ふりかけの代表格、錦松梅四谷本店があります。建物の建替えで、ここしばらく休業していましたが、本日10/1から新装開店で、特別提供品の540円おためしパックを売っていました。2つ買うと有田焼のレンゲももらえるので、さっそく2つ購入しました。明日の朝ごはんが楽しみです。

     ここの建設工事期間中に疑問に思っていたことは、建設期間中の従業員の扱いです。錦松梅の場合、いろんなデパートにも売り場を持っていますからそちらで働いてもらうようなシフトの組み方をしているのでしょう。そうなると、従前どおりの給与の支払いもされるでしょうから、雇用主および労働者双方問題はありませんね。

     

     いっぽうで、「では、錦松梅のように他の店舗で働かせることができない場合の従業員の給料はどうなるのか?」と考えました。(だって、錦松梅は建築期間中仮店舗なしで休業だったのですよ!)

     よくよく考えたら、普通は、仮店舗での営業となります。だからこうした心配はいりません。(いろんなところに店舗を持っている錦松梅だからこそ本店は休みにできたのですね!)

     

     街を歩いていると、こんなことばかり考えて目をキョロキョロさせています。

     

    錦松梅 袋入 190g入 錦松梅 袋入 190g入

    1,080円
    楽天

     

    大間のマグロ

    2017年10月01日 1:11 AM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     大間のマグロといえば、ブランド品であり、初値ですしざんまいつきじ喜代村の社長が最高値で仕入れることでも有名です。

     しかしながら、ベテランの寿司店主さんによると、大間というブランドだからこそ気を付けなければならない2つの点があるそうです。それは、熱崩れと打ち身崩れによる身の崩壊だそうです。

     

     大物を釣り上げれば1本数百万円となる大間のマグロですが、個人での漁が多く、せっかく釣り上げても、次が掛っているような場合は、いま釣り上げたまぐろの内臓処理が遅れてしまう、もしくは、船上で暴れ続けたまま打ち身状態で見崩れが起きてしまうのだそうです。釣り上げられたストレスから内臓が熱くなる前に処理をして冷蔵しなければなりません。また船上で暴れて打ち身がひどくなる前に処理をして見崩れが起きないようにしなければなりません。

     個人規模の大間のマグロ釣りだからこそ、築地で仕入れる際には大間ブランドは要注意だそうです。

     

     国際税務や会計の世界でも、ブランドという無形資産の評価と価値が移転価格税制やM&Aに際しても重要なファクターとなっていますが、こうした身近なところからも、ブランドを考えるよい話を聞きました。

     

     

    オーストラリア英語

    2017年09月30日 12:30 PM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     クライアントさんを月次訪問していた時の話です。

     ここは親会社がオーストラトリアの日本子会社です。社長はオーストラリア人(Pさん)、ネイティブのオージー英語スピーカーです。

     

     社長と話をしているとき 続きを読む…