山條隆史(やまじょう・たかし)
税理士。顧客の100%が外資系企業であり、外資系に特化したサービスを提供している。 1991年から、当時、国際会計事務所の“Big6”といわれていた中でも、世界最古の会計事務所である「プライスウオーターハウス会計事務所」にて勤務。1994年から3年間は発祥の地である本部のロンドン事務所にて大活躍をおさめる。具体的には、世界的に展開している日本の多国籍企業をサポートする日本企業部所属し、国際的なM&A交渉の場にも立ち会うなど、世界で活躍する日本の大企業からの信頼が厚い存在であった。 帰国後は、青山監査法人プライスウオーターハウスの東京事務所国際税務部マネージャーとして、引き続き日本の多国籍企業の国際戦略を税務的な立場から支援を行う。 独立開業してからは、日本に進出する外資系企業のサポートに専念。神奈川県や横浜市の外資誘致の税務アドバイザー等として、外資系企業の日本での開業を多数支援。 国際税務にかかわることに特に強いが、個人商店担当、株式公開支援部所属、相続・贈与相談の銀行の財務相談室出向、金融税務部のサポート等、幅広い業務に携わった経験では誰にも負けないと自負している。

取材・講演依頼のお問い合わせは株式会社パールハーバープロダクションまでご連絡下さい。
TEL:03-5720-6626
ビジネ改訂新版 トコトンわかる 個人事業の始め方
著者:山條 隆史(著),その他(著)
価格:1620円
出版社:新星出版社; 改訂新版 (2015/9/2)
ISBN:978-4405102705
本書には、個人事業主として独立・起業するときに必要な「ノウハウ」を、イラストと4コママンガをふんだんに使ってわかりやすく解説しています。 もちろん、個人事業をはじめるための「手続き」も、最新の届出書類を掲載しながら、ていねいに解説しています。事業開始後の「経理・確定申告」についてもわかりやすく解説。
社長!御社の会計 ここだけ覚えれば充分です
著者:山條隆史
価格:1620円
出版社:フォレスト出版
ISBN:978-4894514942
エリート税理士が明かす!難しい会計を儲けのツールに変える小さな会社の会計のツボ。
税理士が自ら実践する! ふるさと納税の上手な活用法: H27年税制改正対応版 Kindle版
著者:山條隆史
価格:324円
出版社:プラスワン・パブリッシング; 1版
本書は、今人気の「ふるさと納税」のやり方や納税法などについて、自らも楽しみながら実践している税理士・山條隆史氏がわかりやすく解説致します。

最近のコメント

 

カテゴリー

  • 記事 (76)
  •  

    アーカイブ

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  •  

     

    略歴

    「プライスウオーターハウス会計事務所」にて勤務。1994年から3年間は発祥の地である本部のロンドン事務所にて大活躍。M&A交渉の場にも立ち会うなど、日本の大企業からの信頼が厚い存在であった。現在は、日本に進出する外資系企業のサポートに専念。外資誘致の税務アドバイザー等として、外資系企業の日本での開業を多数支援。国際税務以外にも、大手地銀に出向時に個人商店担当、株式公開支援部所属、相続・贈与相談の銀行の財務相談室出向、金融税務部のサポート等、幅広い業務に携わり、幅広い経験をした。

    平成11年9月まで青山監査法人プライスウオーターハウス(現:PwC 税理士法人)国際税務部マネージャー(東京)

    ・平成3年8月~平成4年6月 仙台事務所
    ・平成4年7月~平成5年3月 千葉銀行財務相談室出向
    ・平成6年3月~平成9年4月 ロンドン事務所出向

    山條隆史税理士事務所所長

    慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了

    慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程在学中

    メディア

    日本テレビ 「きょうの出来事」(国際課税問題について-ビデオ 出演)
    日本テレビ 「ニュースエブリ」(芸能人の祝儀にかかる個人所得税について-電話出演)
    東京新聞 「ふるさと納税について」コメント
    日経トレンディ 「ふるさと納税について」コメント
    週刊現代 「ふるさと納税について」コメント

    出版書籍

    単著 「社長!御社の会計 ここだけ覚えれば充分です」(フォレスト出版)    「税理士が自ら実践する!ふるさと納税の上手な活用法: H27年税制改 正対応版」(Amazon Kindle版)

    共著書 「総解説連結納税制度」(日本経済新聞社)    「グループ会社の経営実務-法務・連結会計・税務-」(第一法規出版社)    「トコトンわかる個人事業の始め方」(新星出版社)


    スキル・資格

    税理士


    More...
    記事
     

    Liveセミナー「儲かる会社に絶対に必要な社長の2つの仕事(管理会計編)」終了

    2017年10月22日 12:02 PM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     さきほど、パールハーバーLiveセミナー「儲かる会社に絶対に必要な社長の2つの仕事(管理会計編)」を終えました。会場で人を前にして行うのとはまた違った雰囲気でした。

      聞き逃した方は、録画講座でご覧いただけます。

    相続用

     

     

     

     

     

     

     

     

    外国人雇用が激増している?!

    2017年10月18日 4:28 PM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     コンビニやチェーン店のファミレス・食堂、牛丼屋等々、いままでも、中国人アルバイトを中心に、外国人の雇用が増えてきているのを感じていました。建設現場も多いですよね。皆さんも見ての通りだと思います。

     最近は、宅配業にも外国人(中国・韓国以外の東南アジア系の人たち)の従業員が多いなと感じています。

     

     仕事柄気になることは一つです。「君たち、ちゃんと労働許可証持ってんの?」ってことです。詳しくは、こちらを見てください。

     

     日本語学校の学生など、学生ビザや研修で来ている人は、原則就労できません。ただし、こうした人たちも「資格外活動の許可」を取れば、一定の時間までは働くことができます。

    「資格外活動の許可を得た場合、「留学」の在留資格をもって在留する外国人については原則として1週28時間まで、「就学」の在留資格をもって在留する外国人については原則として1日4時間まで就労することが可能となります。また、「留学」の在留資格をもって在留する外国人は、その方が在籍する教育機関が夏休み等の長期休業期間中については、1日8時間まで就労することが可能となります。」(引用元:上記こちらの「独立行政法人 労働政策研究・研修機構」のサイト)

     

     朝から晩まで建設現場で働いているような外国人って、特定活動の技能実習生にでも該当しているのでしょうか?

     皆が、正規に就労資格を取っているとすれば、ビザを専門に扱う取次申請行政書士さんたちはウハウハですね。

     

     ちなみに、当方のクライアントさんの外国人の方は、就労活動に制限がない在留資格「日本人の配偶者等」が多いです。就労資格の場合は、「技術」、「人文知識・国際業務」、「投資・経営」がほとんどです。たまに、「企業内転勤」、「特定活動(ワーキングホリデー)」があります。 

     

    「12月駆込寄附で ふるさと納税をギリギリまで楽しむ方法」があります

    2017年10月17日 1:10 PM [その他税金の話] 

      ポチっとお願いします。

     「ふるさと納税の専門家」/山條隆史です。

     

     「12月の駆け込み寄附で、 ふるさと納税を限度額ギリギリまで楽しむ方法」を12/17(日)にLive講座で開催します。詳しくは「こちら」をご参照ください。

     

     なお、詳しいことは「税理士が自ら実践する! ふるさと納税の上手な活用法: H27年税制改正対応版 Kindle版」に書いてありますので、そちらを読んで実践できれば、このセミナーをお聞きいただく必要はありません。

     

     とはいえ、実際の今年の年末調整済みの源泉徴収票からスタートして10分でふるさと納税限度額(=あと今年いくら寄附できるか)がわかります。15分で500円は十分元が取れる内容だと自負しています。

     

     Kindle324円でご自身で勉強されるもよい、Liveセミナーを聞いてそのあと自分の限度額をじっくり計算するもどちらも良しです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    読み物『なぜ、やおやのオヤジは株式会社の社長なのか?身近な疑問から読み解く税金問題』(No.1)

    2017年10月15日 3:19 PM [読み物] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

      書ける時に、書けるタイミングで、少しずつアップします。たぶん、1-2週に1本です。

     

    第1章 なぜ、八百屋のオヤジは株式会社の社長なのか? 

    ~法人税編~

    ストーリー
    オヤジ、店主から会社の社長になる (話のあらすじ)

     

     横丁銀座商店街で代々青果店(=八百屋)を営む青屋八太郎45歳は、この日刷り上ったばかりの金ぴかの名刺(株式会社ヤオ八 代表取締役 青屋八太郎)を手に、目の前の商店会青年部会合の議論を離れ、一人物思いに耽っていました。

     

     横丁銀座商店青年部38名のうち9割は社長さんです。三代目の八太郎が会社を作ったのは、夜の街で「社長!」と呼ばれたい気持ちがゼロとは言いませんが、秘かに「おカネの面からも社長はお得」という噂を実践したいという狙いがありました。
    ヤオ八の顧問税理士で幼馴染でもある赤井一郎の勧めもあり、今回個人事業から法人組織に衣替えをしたのです。

     

     個人営業と法人組織では何が違うのか、儲けに対してどれくらいの税金が掛かるのか、社会保険はどうなるのか、そもそも本当に社長はおカネがお得なのか、知りたいことは山ほどあります。

    続きを読む…

    トヨタ源泉徴収漏れ 3億円超追徴課税

    2017年10月14日 8:49 AM [国際税務] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     日本経済新聞2017年10月13日記事より抜粋

     「トヨタ自動車が名古屋国税局の税務調査を受け、・・・海外企業に支払った20億円超について所得税の源泉徴収漏れを指摘され・・・不納付加算税を含め追徴課税は3億円超に上り、既に納付したとみられる。・・・

     ・・・トヨタは海外子会社に対する車両やエンジンの使用料(ロイヤルティー)などの支払いをめぐり、本来、一定割合を天引きして日本で納税すべきだったところ、海外子会社がある現地で納税していたとされる。

     このほか・・・」

     

      これは単なるミスだと思います。日独租税条約は改正され2017年1月1日の支払い分から事前届出書(租税条約に関する届出書)を提出することで、本来20.42%源泉しなければならないところ、ゼロ%が適用されます。また、日芬(フィンランド)租税条約は10%に軽減されます。勘違いか、早とちりか、届出の失念であり、悪意はないものと推測されます。

     

     でもこんな記事が出ると、一般的には、「トヨタ脱税?」って思いますよね。新聞側にも悪意はないでしょうが、ミスリーディングな記事といえます。

     

     

     

    読み物『なぜ、やおやのオヤジは株式会社の社長なのか?身近な疑問から読み解く税金問題』

    2017年10月12日 5:12 PM [読み物] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     書ける時に、書けるタイミングで、少しずつアップします。

     

     税金の読み物です。各章では、オヤジのストーリーからはじまり(起)、読者が何となく疑問に思っている話題を解説し(承)、各税法のエッセンス(=ニュース理解のためにはここだけ知っていればよいということ)を説明し(転)、オヤジが頭を捻って考え出した節税策を紹介します(結)

     

    第1章 個人商店の店主だった八百屋のオヤジが、株式会社を設立して社長に納まり、家族で役員報酬を分けて節税する。~法人税編~。

    第2章 儲かったお金で不動産投資をする。~所得税編~。

    第3章 アパート投資で節税に頭を捻り、自動販売機で消費税還付をした(=H22年の税制改正で蓋)。~消費税編~。

    第4章 契約書の電子化で印紙を節税することに目覚めた親父。~生活関連税制編~

    第5章 幼馴染の魚屋さんが相続税のために店を畳んで郊外に引っ込んでしまったショックから相続・贈与対策に目覚める。~相続・贈与編~

    第6章 儲けすぎてもはや日本に居られなくなってパーマネントトラベラーとして旅立ってしまった。~国際税務編~

    (To be continued)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    いろんな業界の宣伝方法(コンタクトレンズ)

    2017年10月11日 2:13 PM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     効果的な宣伝方法は、その業界・業界で違ってきます。新宿や渋谷の駅前でよく見るコンタクトレンズの呼び込みの仕方、「あれってどぉ?」と思っていましたが、どこでもこの方法を使うということは効果が大きいのでしょうね。

                           

     朝の駅前のサラ金 続きを読む…

    裏金の原資!?

    2017年10月09日 3:07 PM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     どうやって正当に“裏金”を作るかというと、下記の通りである。
    (ただし、よく読んでもらえればわかるが、この方法は「裏金」ではない=表でもつかえるカネである)

     

    ※役員報酬の水増し

     役員報酬を増額し、真っ当に、所得税や社会保険料を支払った上で、手取で増額した部分を“裏金”として使う。

     使い道は、政治家のパーティー券などであるが、これは正々堂々と表ガネである。

     なぜ、“”書きで“裏金”と書くかというと、何となく政治家に対してお金を使うことは後ろめたいからこういう使い方になる。

     

     

     

    国際的に仕事をするための心得・方法(その1)

    2017年10月08日 9:44 AM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     国際的に仕事をすると必ず日本人以外の外国の人々との交流が始まります。その国の人々の思考や行動の原点には、育った環境や国情があり、どんな宗教を信じているのかということも、他国の人々を知る大きな要素となります。

     日本では信者がわずか1%台のキリスト教も世界レベルで見る信者数は20億人を超え一番多いようです。圧倒的な世界のベストセラーといえば聖書です。

    続きを読む…

    スターバックスの店舗戦略(横浜チャイナタウン店閉鎖を悲しむ)

    2017年10月05日 6:38 PM [記事] 

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     

     横浜中華街近くの日本大通りにあるクライアントさんに行くと、いつもスターバックスの珈琲を買ってきてくれていた。ところが、今日は何と閉鎖していたとのこと! 観光客はたくさんしても、それなりの価格の顧客はあまりいないということなのだろう。残念! そこで買ってきてくれたのがドトールコーヒーだったのだが、比べるのはよします。

     

     

     さて、このスターバックスの歴史だが、 続きを読む…