山條隆史(やまじょう・たかし)
税理士。顧客の100%が外資系企業であり、外資系に特化したサービスを提供している。 1991年から、当時、国際会計事務所の“Big6”といわれていた中でも、世界最古の会計事務所である「プライスウオーターハウス会計事務所」にて勤務。1994年から3年間は発祥の地である本部のロンドン事務所にて大活躍をおさめる。具体的には、世界的に展開している日本の多国籍企業をサポートする日本企業部所属し、国際的なM&A交渉の場にも立ち会うなど、世界で活躍する日本の大企業からの信頼が厚い存在であった。 帰国後は、青山監査法人プライスウオーターハウスの東京事務所国際税務部マネージャーとして、引き続き日本の多国籍企業の国際戦略を税務的な立場から支援を行う。 独立開業してからは、日本に進出する外資系企業のサポートに専念。神奈川県や横浜市の外資誘致の税務アドバイザー等として、外資系企業の日本での開業を多数支援。 国際税務にかかわることに特に強いが、個人商店担当、株式公開支援部所属、相続・贈与相談の銀行の財務相談室出向、金融税務部のサポート等、幅広い業務に携わった経験では誰にも負けないと自負している。

取材・講演依頼のお問い合わせは株式会社パールハーバープロダクションまでご連絡下さい。
TEL:03-5720-6626
ビジネ改訂新版 トコトンわかる 個人事業の始め方
著者:山條 隆史(著),その他(著)
価格:1620円
出版社:新星出版社; 改訂新版 (2015/9/2)
ISBN:978-4405102705
本書には、個人事業主として独立・起業するときに必要な「ノウハウ」を、イラストと4コママンガをふんだんに使ってわかりやすく解説しています。 もちろん、個人事業をはじめるための「手続き」も、最新の届出書類を掲載しながら、ていねいに解説しています。事業開始後の「経理・確定申告」についてもわかりやすく解説。
社長!御社の会計 ここだけ覚えれば充分です
著者:山條隆史
価格:1620円
出版社:フォレスト出版
ISBN:978-4894514942
エリート税理士が明かす!難しい会計を儲けのツールに変える小さな会社の会計のツボ。
税理士が自ら実践する! ふるさと納税の上手な活用法: H27年税制改正対応版 Kindle版
著者:山條隆史
価格:324円
出版社:プラスワン・パブリッシング; 1版
本書は、今人気の「ふるさと納税」のやり方や納税法などについて、自らも楽しみながら実践している税理士・山條隆史氏がわかりやすく解説致します。

最近のコメント

 

カテゴリー

  • 記事 (74)
  •  

    アーカイブ

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  •  

     

    略歴

    「プライスウオーターハウス会計事務所」にて勤務。1994年から3年間は発祥の地である本部のロンドン事務所にて大活躍。M&A交渉の場にも立ち会うなど、日本の大企業からの信頼が厚い存在であった。現在は、日本に進出する外資系企業のサポートに専念。外資誘致の税務アドバイザー等として、外資系企業の日本での開業を多数支援。国際税務以外にも、大手地銀に出向時に個人商店担当、株式公開支援部所属、相続・贈与相談の銀行の財務相談室出向、金融税務部のサポート等、幅広い業務に携わり、幅広い経験をした。

    平成11年9月まで青山監査法人プライスウオーターハウス(現:PwC 税理士法人)国際税務部マネージャー(東京)

    ・平成3年8月~平成4年6月 仙台事務所
    ・平成4年7月~平成5年3月 千葉銀行財務相談室出向
    ・平成6年3月~平成9年4月 ロンドン事務所出向

    山條隆史税理士事務所所長

    慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了

    慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程在学中

    メディア

    日本テレビ 「きょうの出来事」(国際課税問題について-ビデオ 出演)
    日本テレビ 「ニュースエブリ」(芸能人の祝儀にかかる個人所得税について-電話出演)
    東京新聞 「ふるさと納税について」コメント
    日経トレンディ 「ふるさと納税について」コメント
    週刊現代 「ふるさと納税について」コメント

    出版書籍

    単著 「社長!御社の会計 ここだけ覚えれば充分です」(フォレスト出版)    「税理士が自ら実践する!ふるさと納税の上手な活用法: H27年税制改 正対応版」(Amazon Kindle版)

    共著書 「総解説連結納税制度」(日本経済新聞社)    「グループ会社の経営実務-法務・連結会計・税務-」(第一法規出版社)    「トコトンわかる個人事業の始め方」(新星出版社)


    スキル・資格

    税理士


    More...
    記事 コメント

    国際人とは?

    2017年9月13日 8:30 AM [記事] 

     

      ポチっとお願いします。

     「国際税務の専門家」/山條隆史です。

     
     現在私は国際税務コンサルタントを名乗っていますが、国際的に業務を行う中で重要なこととは何でしょうか? 今回は、海外の会計事務所で駐在員として勤務した経験と国際税務に長く携わっている経験から話をまとめてみました。

     
    国際人たるために重要なこと
     
     英語力はもちろん必要ですが、それだけでは国際人とは言えません。自国(=日本)のことをよく知っていて、また相手(=外国)の価値観や文化を知り、お互いに理解し合えることが大切となります。
     その国の宗教観や文化・歴史の影響で、日本とは全く違う価値観を持っているのが、他国の人々です。
     
    歴史と文化を説明できるようになろう!

     駐在で日本に来ている外国人が日本の歴史について詳しいことにびっくりした経験があります。また、日本の神社やお寺、お祭りなどの文化について自分以上に詳しい話をされて恥ずかしかった経験もあります。
     日本では、初対面の人と、宗教や文化の話をすることはタブーとされています。しかしながら、“信じる宗教を持っていて当たり前、無宗教というのは人間ではない”と考える外国人の人々と話をするに際して、最低限、いろんな宗教の特徴を理解しておき、日本の神道や仏教についてもある程度話ができるような素養を持っておくことは大切です。
     もちろん、無宗教であっても何ら構いません。知識として知っていて、相手のことを理解できる前提が必要なだけです。言うまでもありませんが、相手の宗教や文化を批判することはタブーです。
     
    日本の歴史は漫画学習でおさらいしよう!
     
     私の世代が学校で習った歴史は、古代から始まり、現代までたどり着いた時にはもう3学期で、一挙に終了という流れでした。特に明治維新後の日本の歴史は、詳しく学んでいない方がほとんどでしょう。
     最近はやりの小中学生向けの日本の歴史の漫画本を通読しました。戦国時代はもちろん、現代までの歴史がよく描かれた優れものです。ご一読をお勧めします!(もっともいまの漫画のタッチに馴染めないのは古い世代のせいでしょうか…。)

    コメント

    コメントは受け付けていません。