フィードバック

作品に取り組む、悩みながらも書き続けて、完成させる。

とにかく完成させる。

それはとても意義深いものです。

そうやって、苦労の末に出来上がった作品をどうやって鍛えるか?

より多くの読者から支持される作品に強化していくか?

すでに多くの読者がいる著名な作家さんも、

これからもっと読者を増やしていきたい駆け出しの作家さんも

同じように苦心していることではないでしょうか。

私からのアドバイスは、「作品を鍛えてくれるのはフィードバック」です。

じゃあ、どうやってフィードバックを集めるのか?

が、作家さんからの疑問点になると思います。

まずは、

できるだけたくさんの友人に読んでもらうようにしてみてください。

可能であれば、

その友人の家族や知人からも広く意見を集めることができるとなおよいです。

頼みにくいとか、恥ずかしいとか、そんなこと言っている場合ではありません。

礼儀をもって、そして遠慮なく、作品を読んで欲しい! と頼んでみましょう。

とは言っても、読んで感想を聞かせて欲しいと頼まれる友人側のことも、

ちゃんと考える必要があります。

それが、良いフィードバックを集めるコツでもあります。

それは、あまり難しいことではありません。

方法は……作品だけを渡すのではなく、


■本文の要約(200文字程度)
■主な登場人物紹介 
■こんな人に向けて書いています(想定読者像)

を用意すること。

この3点を添えるようにすると、

友人・知人から有益なフィードバックを受け取りやすくなります。

もし、この3点を伝えた段階で興味を喚起することができない場合、

主題そのものに訴求力が不足している可能性が高いということになります。

それはそれで有益なフィードバックを得る機会にすることができますね。

作家たるもの、すべての機会を貪欲に活かしていく気概でいきたいものです。