田中真由美(たなか・まゆみ)
英語発音スペシャリスト
米国サンフランシスコ、およびサンディエゴ留学後、(財)日本英語発音協会に勤務。経営情報学士。英語発音講師の資格を取得し、ネイティブ同等の発音力を活かし銀座の英語発音学校にて6年間発音講師を務める。その指導対象は主に歌手、通訳者、パイロット、フライトアテンダント、英語教師など英語のプロを中心に、英語の社内公用語化を進めた大手企業内でも講師経験がある。レッスン指導経験は8千時間を超え、豊富な経験と英語発音に関する専門知識を持つ数少ない一人。独立後、「サニー英語発音・英会話スクール」を開講し、現在に至る。 特に英語発音教育では、ネイティブレベルの発音を効率よくマスターできる体系的メソッドにより、発音を「矯正」しながら、新たに正しい発音技術の「知識」と「身体」両方からのアプローチで取り組むので、より効率的に短い期間での成長が可能。
取材・講演依頼のお問い合わせは株式会社パールハーバープロダクションまでご連絡下さい。
TEL:03-5720-6626
シングス・アメリカン・ポピュラーソングス
田中真由美
価格:3,086円
レーベル:オ-ディオFAB
ASIN:B00EJ75XUW
Super Jazz Stringsのメンバーを中心に豪華メンバーを迎え、 『古き良き時代のアメリカン・ポピュラーソング集』を掲げた選曲で美貌のジャズ・ボーカリスト田中真由美の魅力を引き出した快作! 美貌のジャズ・ヴォーカリスト、田中真由美のデビュー・アルバム。Super Jazz Stringsのメンバーを中心に豪華ミュージシャンを迎え、古き良き時代のアメリカン・ポピュラーソングを歌い上げた1枚。 (C)RS
クールスイング
田中真由美
価格:2,973円
レーベル:オーディオ・ファブ・レコード
ASIN:B01EN7ME9U
「人気ジャズドラマー松尾明率いるオーケストラがサポートした心地よいヴォーカルアルバム。 ウィンディ・ヴォイス田中真由美 第二弾はクールスイング。
 

英語発音インストラクター

英語発音レッスン(講師として8年間で約8千時間のレッスンを経験) 指導対象は、通訳者、翻訳者、英語教師、英語講師、パイロット、フライトアテンダント、医師、弁護士など、英語レベルが高い方が中心。
法人向け英語発音レッスン
英語発音インストラクターの養成

資格

ザジングルズ英語発音検定試験「J-TEP®(The JINGLES Test of English Pronunciation)ネイティブレベル(Native Equivalent Level)取得
財団法人 日本英語発音協会認定 英語発音講師資格取得

2019年06月 一覧

スポーツとサポートの発音の違い

2019年06月12日 12:59 AM [記事] 



Hello,everyone!

英語発音スペシャリスト田中真由美です。

先日、江東区へ出張レッスンに行くと街中に『江東区はSPORTS & SUPPORTSの街』と書かれていました。

スポーツとサポートをひっかけた感じですね!



Sports:スポーツの情熱と感動

Support:伝統に受け継がれてきた下町人情



このSportsとSupports、 発音もそっくりです。



出だしのSの後に、弱あいまい母音(ə)が入っていないのがスポーツ、

sports 【spˈɔɚts】  



弱あいまい母音が入っているのがサポートです。 

supports 【səpˈɔɚts】



 ※ əは、弱化の音。上下の奥歯はほぼ閉じて、静かに出す母音です。        



発音見本・ミニ解説はこちらから







Love,



Mayumi









一年の歩み

2019年06月10日 5:11 PM [記事] 



こんにちは!



英語発音スペシャリスト田中真由美です。



国際NGOプラン・インターナショナル・ジャパンから

チャイルドの「一年の歩み」が届きました。





この報告書では、 



私がプランを通じてお手紙交換などで交流をしている

ベトナムに住んでいるタムちゃんの今の暮らし、



健康状態、教育などについて、



またタムちゃんの住む地域でどのようなプロジェクトが

実施されたかの報告を読むことができます。



写真で成長を見ることができるのも嬉しいです。







思い返せば、 私が子どもの頃、お手紙大好き人間だったので

幼稚園の先生やお友達から始まって、さらにいろいろな人と文通をしていました。



毎日学校から帰ると真っ先にポストを覗いては

自分宛の手紙がないか見るのが何よりも楽しみでした。



何でそこまで、と今なら分かるのですが、 



家庭に温かみがなくて毎日泣いてばかり、自殺願望まであった子ども時代なので、



1通の手紙の温かさが身に染みてたんですね。



だから、今プランインターナショナルを通じて世界の子どもたちと交流している理由は、



 私が子どもの頃、誰かから届く手紙に支えられていたので、



同じように寂しい思いをしている子が少しでもいなくなったらいいなと思うからです。





愛をこめて



真由美









プラン・インターナショナル・ジャパン