田中真由美(たなか・まゆみ)
英語発音スペシャリスト
米国サンフランシスコ、およびサンディエゴ留学後、(財)日本英語発音協会に勤務。経営情報学士。英語発音講師の資格を取得し、ネイティブ同等の発音力を活かし銀座の英語発音学校にて6年間発音講師を務める。その指導対象は主に歌手、通訳者、パイロット、フライトアテンダント、英語教師など英語のプロを中心に、英語の社内公用語化を進めた大手企業内でも講師経験がある。レッスン指導経験は8千時間を超え、豊富な経験と英語発音に関する専門知識を持つ数少ない一人。独立後、「サニー英語発音・英会話スクール」を開講し、現在に至る。 特に英語発音教育では、ネイティブレベルの発音を効率よくマスターできる体系的メソッドにより、発音を「矯正」しながら、新たに正しい発音技術の「知識」と「身体」両方からのアプローチで取り組むので、より効率的に短い期間での成長が可能。
取材・講演依頼のお問い合わせは株式会社パールハーバープロダクションまでご連絡下さい。
TEL:03-5720-6626
シングス・アメリカン・ポピュラーソングス
田中真由美
価格:3,086円
レーベル:オ-ディオFAB
ASIN:B00EJ75XUW
Super Jazz Stringsのメンバーを中心に豪華メンバーを迎え、 『古き良き時代のアメリカン・ポピュラーソング集』を掲げた選曲で美貌のジャズ・ボーカリスト田中真由美の魅力を引き出した快作! 美貌のジャズ・ヴォーカリスト、田中真由美のデビュー・アルバム。Super Jazz Stringsのメンバーを中心に豪華ミュージシャンを迎え、古き良き時代のアメリカン・ポピュラーソングを歌い上げた1枚。 (C)RS
クールスイング
田中真由美
価格:2,973円
レーベル:オーディオ・ファブ・レコード
ASIN:B01EN7ME9U
「人気ジャズドラマー松尾明率いるオーケストラがサポートした心地よいヴォーカルアルバム。 ウィンディ・ヴォイス田中真由美 第二弾はクールスイング。

最近のコメント

 

カテゴリー

  • 記事 (15)
  •  

    アーカイブ

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  •  

     

    英語発音インストラクター

    英語発音レッスン(講師として8年間で約8千時間のレッスンを経験) 指導対象は、通訳者、翻訳者、英語教師、英語講師、パイロット、フライトアテンダント、医師、弁護士など、英語レベルが高い方が中心。
    法人向け英語発音レッスン
    英語発音インストラクターの養成

    資格

    ザジングルズ英語発音検定試験「J-TEP®(The JINGLES Test of English Pronunciation)ネイティブレベル(Native Equivalent Level)取得
    財団法人 日本英語発音協会認定 英語発音講師資格取得

    2017年12月 一覧

    スマイル

    2017年12月26日 9:32 PM [記事] 

    もうすぐ2018年ですね。
     
    皆さんにとって、今年はどんな一年でしたでしょうか?
     
    私は、2017年は笑顔より涙が多かったかも。なので、2018年はもっとたくさん笑いたいと思っています。
     
     
    仕事でもプライベートでも笑顔は大切。
     
    悲しかったり怒ったり、いろいろな表情はあってもよいけれど、
     
    やっぱり笑顔に敵うものはないですね。
     
     
    笑顔は人を幸せな気持ちにさせるだけでなく、
     
    自分を輝かせる大きな味方にもなります。
     
     

     
     

    英語にも次のようなことわざがあります。
     
    Laugh and the world laughs with you; weep and you weep alone.
     
    (笑えば世間も一緒に笑い、泣けば一人で泣く)
     
     

    ほがらかにしていると自然に人が集まってきて
     
    楽しく過ごすことができるよ、という意味です。
     
     
    他にも、
     

    Fortune comes in by a merry gate.
     
    (幸運は陽気な門口に入ってくる)
     

    merryは「陽気な」という意味で、明るいところに幸運は
     
    やってくるという例え。
     

    A merry heart goes all the way.
     
    (陽気でいれば、最後までやり抜ける)
     
    という言葉も。
     
     

    Smile
     
     

    チャーリー・チャップリン(Charlie Chaplin)作曲の”Smile”は、
     
    生前マイケル・ジャクソンが自分のレコーディング曲で一番好きな曲と公言していました。
     
    私もライブでよく歌う、大好きな曲の1つです。
     

    当たる!アメリカ版誕生日占い(誕生日数7~9)

    2017年12月25日 12:40 PM [記事] 

     
    アメリカには、「誕生日数」を出すことで、その人の得意なことや
     
    潜在能力が分かり、何を学ぶべきか課題が示される占いがあります。
     
    英語の勉強にもどうぞ☆
     
     

    下記の【例】のように、生年月日を最後の一桁になるまで足してください。
     
    その数字があなたの誕生日数です。
     
    Example(例): October 21, 1970 (1970年10月21日生まれの場合)
     
    1+9+7+0+1+0+2+1=21  → 2+1=3 誕生日数は3
     
    今回は、誕生日数7~9です♪
     
     

    (翻訳:田中真由美)
     
     
     
    # 7 – THE INTELLECTUAL
     
    7’s are the searchers. Always probing for hidden information, they find it difficult to accept things at face value. Emotions don’t sway their decisions. Questioning everything in life, they don’t like to be questioned themselves. They’re never off to a fast start, and their motto is slow and steady wins the race. They come across as philosophers and being very knowledgeable, and sometimes as loners. They are technically inclined and make great researchers uncovering information. They like secrets. They live in their own world and should learn what is acceptable and what not in the world at large.
     
    Famous 7’s: William Shakespeare, Lucille Ball, Michael Jackson, Joan Baez, Princess Diana.
     
    知識人:7は探究者です。常に未発見のものを追い求めますが、物事を表面どおりに受け入れることがなかなか出来ません。また、決心が感情で揺らぐことはありません。探究心は旺盛ですが、自分自身について探られることは好きではありません。ゆっくり確実に競争に勝つことがモットーです。知的で哲学者、さらに孤独を好むため、研究者や調査員としての素晴らしい資質を持っています。自分の世界に閉じこもるだけでなく、世間に広く受け入れられること、そうでないことも学びましょう。
     
     

    # 8 – THE BIG SHOT
     
    8’s are the problem solvers. They are professional, blunt and to the point, have good judgment and are decisive. They have grand plans and like to live the good life. They take charge of people. They view people objectively. They let you know in no uncertain terms that they are the boss. They should learn to exude their decisions on what others want rather than on their own needs.
     
    Famous 8’s: Edgar Cayce, Barbra Streisand, George Harrison, Jane Fonda, Pablo Picasso, Aretha Franklin, Nostrodamus.
     
    大物:8は問題解決者です。専門的な優れた見解を示すことができ、決断力があります。壮大な計画を持ち、快適な暮らしを望みます。人々をコントロールする力を持ち客観的な判断ができますが、自分が上の立場であることを誇示したがります。何かを決断する時に、自己中心的になりすぎないよう気をつけてください。
     
     

    # 9 – THE PERFORMER
     
    9’s are natural entertainers. They are very caring and generous, giving away their last dollar to help. With their charm, they have no problem making friends and nobody is a stranger to them. They have so many different personalities that people around them have a hard time understanding them. They are like chameleons, ever changing and blending in. They have tremendous luck, but also can suffer from extremes in fortune and mood. To be successful, they need to build a loving foundation.
     
    Famous 9’s: Albert Schweitzer, Shirley MacLaine, Harrison Ford, Jimmy Carter, Elvis Presley.
     
    役者:9は天性のエンターテイナーです。とても優しく寛大で、最後のお金も人に与えて助けるような人です。魅力があるので多くの友人を作ることも簡単で、どんな人とも仲良くします。しかし、多重人格者なので周りの人が理解に苦しむこともあるようです。まるでカメレオンのような気まぐれさ、変化しやすい気質を持っています。素晴らしい運に恵まれながら気分や出来事に左右され悩むことが多いので、まずは愛情に満ちた環境を自らつくることです。
     
     

    シェイクスピアの英語ことわざ

    2017年12月24日 8:42 PM [記事] 

     
    シェイクスピアの『ジュリアス・シーザー』(Julius Caesar)の中で
     
    ブルータスが決戦を前にして味方を鼓舞する言葉がことわざに。
     
     
    “There is a tide in the affairs of men.”
     
    (人のすることには潮時がある)
     
     

    ここでいう潮時とは好機のことです。
     

    好機が訪れたときには
     
    積極的に事を進めましょう☆
     
    好機を逃さないコツは、常に準備を怠らないことです。
     
    2018年に向けて、大きな夢を持ち、目標を立てその時に備えましょう!
     
    Are you ready?
     

     
    “There is a tide in the affairs of men,

    Which, taken at the flood, leads on to fortune;

    Omitted, all the voyage of their life

    Is bound in shallows and in miseries.

    On such a full sea are we now afloat;

    And we must take the current when it serves,

    Or lose our ventures.”

    レモンの裏の意味

    2017年12月24日 10:34 AM [記事] 

     
    レモンは日本ではさわやかなイメージ、
     
    良いイメージしかありませんが
     
    イギリスやアメリカでは、酸っぱいものが日本ほど好かれないので
     
    酸っぱい=よくない、という図式がいつの間に出来上がり、
     
    そのため、レモン(lemon)という単語には
     
    故障ばかりしていて使い物にならない「欠陥車、不良品」という意味もあります。
     

     
    経済学用語でも、不良品が出回っていたり、中古車のように実際に購入してみないと
     
    真の品質を知ることができないものが取引されている市場を
     
    レモンマーケット(lemon market)といいます。
     
    This car is a real lemon.
     
    さて、この訳はどうなるでしょうか?
     

     
    この車は本当にレモンだ???
     
    ×
     

     
    この車は全くの欠陥車だ
     
    が正解です。
     
    ★英語発音ワンポイント★
     
    レモンの“モン”の発音は、モンより“ムン”のほうが近いです。
     
    実際には“ム”の発音の時よりもっと上下の奥歯が
     
    触れるくらいにあごは閉じて発音します。
     
    発音記号 lémən
     
    eの逆さまの記号を弱あいまい母音(=弱化し、あごは閉じて発音される母音)
     
    といいます。
     
    Let’s pronounce the word!
    (実際に声に出して発音してみましょう)
     
     
    Lemon!
     
     

    英語上達の秘訣

    2017年12月23日 9:39 PM [記事] 

     
    英語を上達させるためには、
     
    まず何より日々の生活の中で、できるだけ多くの英語に「継続的に」触れることが大切です。
     
    だからと言って、急に難易度の高いNewsweekを購読したり
     
    BBCをがんばって観る必要はありません。
     
    楽しくないものは続かないからです。

     

    最初から無理せず、現時点での自分の実力より“少しだけ”高いものを
     
    選び、少しずつ負荷をかけるのが理想です。

     
    それは、フィットネスクラブで筋肉を発達させようとするのと同じで、多少の
     
    負荷をかけ続ければ1年後には相当な実力となります。
     

    でも実際多くの方は途中でフィットネスクラブに行くことをやめ、
     
    思い描いていた身体になることは少ないようです。それは、完全に習慣化させることができなかったからです。
     
     
    習慣とは、「知識(何をするのか、何故するのか)」「スキル(どうやってするのか)」
     
    「意欲(それをしたい)」の3つが交わる部分。
     
    習慣を身につけるには、この3つすべてが適切に作動する必要があります。
     

    したがって、1ヶ月おきくらいにこれらを定期的に見直し、確認する作業も必要です。
     
     

    人格は繰り返し行なうことの集大成である。それゆえ、秀でるためには、一度の行動ではなく習慣が必要である。
     
    -アリストテレス

     

    このアリストテレスの言葉の、【人格】を【英語学習】に置き換えてみましょう。習慣化できれば、もうあなたのものです!
     
    英語学習は繰り返し行なうことの集大成である。それゆえ、秀でるためには、一度の行動ではなく習慣が必要である
     
     
    ~すぐに始められる3つのこと~
     
    1 自分の好きな英語の雑誌、本を読む習慣を作る
     
    読書は単語力UPのためにも欠かせません。趣味や仕事に関連する雑誌は「読みたい」気持ちが持続するので、定期購読がおすすめです。
    英字新聞・洋雑誌が豊富に揃っているFujisan.co.jpのオンラインショップは便利です。
     
     
    2 英語のTV番組を観る
     
    同じTVを観るなら日本の番組はやめて(本気で英語上達を早めたいなら、多少の犠牲は絶対必要です!)、1ヵ月1000円のHuluやスカパーなど契約していつも英語の番組を観ましょう。日本で生活しながら“生きている英語”を学ぶにはTVからが最も手軽で便利です。
     
    Hulu(フールー)
     
    衛星放送のスカパー
     
    WOWOW
     
     

    3 英語発音を学ぶ
     
    発音が向上すればリスニングも自ずと向上すると今では多くの学者が唱えていますが、まさにその通りです。【英語発音の向上(通じる)⇒リスニングの向上(聞ける)⇒スピーキングの向上(話せる)】という図式で、英語コミュニケーション能力を一気に高めることができます。また、英語は日本語と違い‘リエゾン’(音の連結)を多用する言語です。口先だけの間違ったテクニックではなく、真にネイティブが行っている身体(筋肉)を使った本物のリエゾンを習得することで、抑揚、アクセント、リズムも併せて向上します。一息で話せる量も増え、速度も上がりスピーキング力UPに繋がり、同時に今まで聞き取れなかった映画のセリフ等どんどん聞き取れるようになります。TOEICやTOEFL等各種英語資格試験対策にも役立ちます。
     
    サニー英語発音スクール
     
     
    Believe in yourself!
    You can do anything you want.

    (自分を信じれば何でも出来る!)