第3回ライブ講座(3月13日20時~)のお知らせ

第3回ライブ講座(3月13日20時~)のお知らせ

心の運動療法家、岡本浩之です。

昨日マラソン大会に参加した影響で、本日は太ももに筋肉痛があります。
ゆっくり走って回復を早めたいと思います。
大会結果についてはまた後日報告します!

タイトルの通り、第3回ライブ講座をH30年3月13日(火)20:00~30分間実施致します。
今回のテーマは、「サポーターのメンタルヘルス」です。

付き添いの人間としてはきはきと患者さんの病状を説明していた方がある時暗い顔をしてやってきて、「実は私も眠れなくて・・・」と涙を流す、という場面を診療していて度々見てきました。

患者さんはもちろんつらいけど、その支援をする周囲の人間もつらい気持ちを抱えている方が少なくないです。
周りの人間はどう接したら良いのか?という相談を受けることも多いです。

ここでの「サポーター」というのは、患者さんを支援するすべての方だとイメージしてください。
親、子、兄弟、配偶者、親戚といった家族だけでなく、友人、付き合いのある近所の方、民生委員、市や町の行政の方、就労支援をする方、介護スタッフや看護師、医師など、多くの人間がサポーターとしての役割をします。

そんなサポーターの皆さんが患者さんと良い関係を築き、適切なサポートを行い患者さんの自立につなげるには、どのようなことに気を付ければよいのか?
そういった悩みを解決する講座になっております。

サポーターの皆さん、患者さんの心に響くような内容が出来ましたので、お時間のある方は是非ご覧ください。
こちらからお申し込みください。
当日ご覧になる時間がなくても、後日録画講座としてご覧頂くことが可能です。

H30年2月13日(火)20:00~60分間実施しましたライブ講座「精神科のかかり方(どんな症状が出たら、どこに行くの?)」が録画講座として3月12日まで視聴できます。
視聴ご希望の方はこちらからお申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です