第3回ライブ講座を実施しました。

第3回ライブ講座を実施しました。

心の運動療法家、岡本浩之です。

平成30年3月13日(火)20時~第3回ライブ講座「サポーターのメンタルヘルス」を実施しました。
心の病気になる方が年々増えていることは色んなところで言われていますが、私が診療している中で感じるのは、そういった方を支える立場の方々、いわゆる「サポーター」が支えきれなくなって心の病気になっていることです。

そういったことから今回のテーマでお話ししようと思いました。

講座の様子は、4月9日(月)まで録画講座として聴講可能です。
ご興味のある方はこちらからお申し込みください。

第4回ライブ講座は、4月11日(水)20時~実施します。テーマなどは後日お知らせします!

私は元々人前で話すのが大の苦手でした。
幼稚園の参観日にクラスで「伝言ゲーム」をやったのですが、「一番後ろで言葉を聞いた人は、皆の前に出てきて発表しましょう!」となりました。
一番後ろにいた私は、回ってきた動物の名前を聞いて「よし、発表するぞ~。」と意気込んで前に出た瞬間に頭が真っ白になって何も言えなくなりました。
クラスの皆は、私が普通に忘れたのだと思って小声で何度も教えてくれました。
しかし、それを声に出そうとしても頭は真っ白で顔が真っ赤になり、固まってしまい何も言えません。ついに泣き出し、クラスの皆はざわついて先生も親たちもびっくりしていました。

それまでも人前でもじもじしてしまい話すのが得意ではありませんでしたが、それをきっかけに大の苦手になりました。

医師になってからは、ライブ講座も含めて大勢の前で講演することが非常に多いのですが、ひと言目を発するまではとても緊張しています。
一人でも多くの方に対して私の思いを発信したいので、それが出来る講演やライブ講座を出来ることはとても嬉しいのですが。
「ひと言目って何を言ったらいいんだっけ?」と常に戸惑っています。
「そんな難しく考えなくても、普段通りに話せばいいのに(笑)」と言われてしまいますが、それでも緊張して戸惑います。

何百回となく場数を踏んでも、慣れるものと慣れないものがありますよね。

私のライブ講座をご覧頂くと、そんな緊張感も伝わるかと思います。