英語の発音はよくできるのか? 常識が問題!

英語の発音はよくできるのか? 常識が問題!

 

英語の発音はよくできます!

そのためには、楽しく学べるよう
にすること。

なぜなら、人間は楽しいことは続
けられるからです。

(発音習得には、時間がかるので、
続けられないとダメなんです。)

つまらなければ、続けられません。

いやいやだったら、続けられませ
ん。

だから、学習者の発音をよくしよ
うと思ったら、

教える側が、楽しく学べるような
環境を提供すること。

 

 

◆楽しく感じさせるには?

では、学習者が楽しく感じるよう
にするには、どうしたらいいか。

学習者に成功体験を積ませるこ
とです。

発音がうまくできた、という体
験です。

そういった成功体験を積ませる
には、周到な準備が必要です。

思い付きの指導では、うまくいか
ないことも出てきます。

それじゃダメなんです。

ところで、学習者に、発音学習で
成功体験を積ませるためには、一
つ知っておくべきことがあるん
です。

 

 

◆常識を超える

それは、英語の発音は、日本語の
発音の枠の外側にまで及ぶという
こと。

 

 

 

 

 

別の言い方をすると、英語の発音
は、日本語の常識が通用しない、
ということ。

いやむしろ、日本語の常識が、邪
魔をしてしまうんです。

多くの人は、このことに気付いて
いません。

学習者ばかりか、英語教師でさえ、
そうです。

その結果、日本語の常識の範囲内
で、何とか発音しようとする。

だから、うまく発音できないんで
す。

それで、学習者は自信をなくす。

「やっぱり、自分には無理だ…」
と。

これは、ネイティブが発音を指導
するとき、とりわけ起こりやすい。

まず。ネイティブが、発音のお手
本を見せる。

それは、先生にとってみれば、自
分の常識の枠内。

だから、先生には、まったく難し
くないんです。

それは、彼にとっての常識です。

だから、学習者にも当てはまるは
ず、と思ってしまうわけです。

ところが、英語の発音は、日本人
の常識を超えています。

だから、学習者は、うまく再現で
きない。

教師は、その理由がわからない。

学習者も教師も、英語と日本語の
間にある、常識のギャップに気付
いていないんです。

その結果、いくら先生がお手本を
示しても、学習者は真似できない。

そんな状態が延々と続くんです。

この件についての、具体的な事例
は次回!

 

 

◆イギリス英語発音ネットセミナー

9/30(土)には、イギリス英語発音
の無料公開ネットセミナー配信です。
http://pearlharbor.lms-l.jp/class/free/phnogawa/00000656.php

◆イギリス英語発音基礎リアル・セミナー

ネットセミナーではなく、2時間
のリアルセミナー、10/8(日)に開催!

詳細は↓↓
http://www.hth-c.net/