英語の発音はよくできるのか? その1

英語の発音はよくできるのか? その1

英語の発音はよくできるのか? その1

英語の発音はよくできるのでしょうか。
  
  
いやいや、自分はトシだし、無理でしょ。
とか、
 
外国育ちでもないし、留学経験もないし。
 
なんて、声が聞こえてきそうです。
  
 
では、果たして普通の日本人、しかも大人は、英語の発音が向上しないんでしょうか。
  
  
結論を言います。
  
  
そんなことはありません。うまくなります。
 
日本人だって、うまくなれるんです。
 
日本人だって、発音がうまくなる能力を持っているんです。

 
 
でも…
 
日本では、ずっと、その能力を引き出すような教え方が行われていなかったんです。
 
 
 
だって、日本での英語教育は、訳すことがメイン。
 
そして、訳すための道具として、文法を勉強してきたんですから。
  
  
  
発音なんて脇役…どころか、エキストラくらいの扱いだったんです。
 
 
 
そんな日本の英語教育界では、先生たちだって、発音が不得意。
 
なにしろ、大学でも、発音の実技を丁寧に学ぶことはあまりないんです。
 
 
大学の英語の教職課程には、「英語音声学」はありますよ。
 
でも、大学の授業ですから、理論で終わってしまいがち。
 
 
 
そもそも、音声学を教える教授の発音がネイティブばなれしていたり…。
 
 
だから、英語教師だって、発音をどう教えるか、についてはほぼ素人なんです。
 
 
 
じゃ、ネイティブの先生は?
 
 
彼らは、発音はできます。
 
でも、自然に身につけたもの。
 
 
だから、日本人にわかるように説明して、身につけさせることは、できないんです。
 
 
日本には英語教師はたくさんいます。
 
でも、発音をうまく教えられる指導者はあまりいないんです。
 
 
 
歌でも、ゴルフでも、よい指導者に恵まれれば、飛躍的に上達しますよね。
 
 
英語の発音だって、例外ではないんです。
 
 
 
つづく