英語の発音はよくできるのか? 常識を超えさせる方法

英語の発音はよくできるのか?
常識を超えるさせる方法

 

日本人の英語の発音は向上可能で
す。

ただし、日本人はあまりに常識に
とらわています。

そして、その常識が妨げとなって
るんです。

だから、まず、この常識を取り去
ること必要です。

 

 

◆英語発音は日本人の常識を超えている

英語の発音は、日本語の常識を超
えてるんです。

例えば、英語は、日本語で使う音
域よりもずっと広い音域を使いま
す。

高いほうは、日本語よりももっと
高い。

低いほうも、日本語の音域よりも
ずっと低い。

例えば、日本語の音域は、0.5オ
クターブくらいでしょうか。

でも、英語の普通の音域は、1
オクターブくらいは確実にあり
ます。

もともと、音域の幅が全然違うん
です。

だけど、日本人は日本語の音域の
常識に縛られています。

だから、「もっと高い声を出して」
と言っても、出るのは、日本語の
範囲の高い声。

「もっと高い声を出して」といく
ら言っても、変わりません。

学習者としては、十分以上の高い
声を出しているつもりなんです。

でも、ボクからしたら、全然物足
りないんです

 

 

◆常識を超えさせる

なぜ、こういうことが起こるの
か。

まさしく、日本語の常識が、邪魔
をしているんです。

日本人学習者にとっての「高い声」
は、日本語の範囲内での高い声。

それしか、イメージできないんで
す。

でも、英語の高い声は、日本語の
枠を超えている。

日本人には、英語の音域は、言語
の音域ではなく、むしろ歌の音域
なんです。

これを解決するには、どうしたら
いいか。

学習者から、英語の勉強をしてい
る、という発想を捨てさせるんで
す。

通常の英語学習スタイルは、文系
的な学習スタイルです。

机に向かって、体を小さく丸めて、
コツコツ勉強する、というスタイ
ルです。

そんな学習スタイルから、抜け出
させるんです。

さらに、普通の授業は、言葉だけ
で進めますよね。

先生は説明役なんです。

だからこそ、言語で説明するばか
りのレッスンは、避ける。

例えば、立ってもらいます。

そして、体を動かしてもらいます。

もちろん、教師も動きます。

そんな英語の授業、見たことない、
と学習者は言うでしょう。

でも、学習者を常識の枠から抜け
出させるには、まずこちらが仕掛
ける。

教師の側が、まず常識の枠を超え
たことをするんです。

学習者が、自分から常識を超えて
くれることは、ほぼないですから。

言葉だけでいくら指示しても、無
駄です。

それでは、学習者は常識の範囲を
抜け出ることはできません。

ボクが、「OKメソッド」と名付け
た指導法で、手や体を使うのはま
さにこのためなんです。

 

なお、学習者の常識を超えさせる
方法は、これで終わりじゃありま
せん。

まだまだ、かなりいろいろなテク
ニックが必要です。

それはまた次回。

 

 

☆彡 UK英語発音基礎セミナー
―なぜ聞き取れない?―

10/8(日) 14:00~16:00
http://www.hth-c.net/archives/2158

 

 

☆彡「英国英語らしさの素を探る!
無料公開レッスン」録画配信

10/27まで公開!

申し込みは↓↓

http://pearlharbor.lms-l.jp/class/free/phnogawa/00000656.php

 

 

◆英国発音 4時間集中ゼミ

☆彡10/29(日)
イギリス英語発音ゼミ 母音編

☆彡11/12(日)
イギリス英語発音ゼミ 単語と句編

☆彡11/26(日)
イギリス英語発音ゼミ sentence編

上記3講座については↓↓
http://www.hth-c.net/

 

 

☆彡 ライブ・ネットセミナー
正統派イギリス英語の母音を学ぶ

10/22(日) 14:00~15:15
http://pearlharbor.lms-l.jp/class/jitsuyo/phnogawa/00000659.php