西野泰広 (にしの やすひろ)
ソニー株式会社のサービス部門に入社し、製品のアフターサービス業務(コンスーマ製品のアフターサービス業務に19年間従事)。中国上海に3年間赴任(中国国内のサービスネットワークの構築とディーラーサービスの強化に従事)。日本国内のマーケティング部門(CS部門でレピュテーション低下を防ぐ業務に9年間従事)など約31年間に渡り勤務。 退社までの9年間、企業のCSRをはじめレピュテーションに悪影響を与える事案を専属業務として従事。数多くの事案(年間約50件)に対処したことで、企業不祥事における消費者の心理や行動や変化を体験することでマーケットに対する対処の知識やノウハウを習得。 この知識とノウハウを生かし「企業不祥事の未然防止」「不祥事発現時のマーケット対応」「情報の一元化による組織力強化」「苦情・クレームの対処」などのコンサルティングをとおし経営サポートをおこなっている。
取材・講演依頼のお問い合わせは株式会社パールハーバープロダクションまでご連絡下さい。
TEL:03-5720-6626
 

レピュテーション(Reputation):

損失を被る危険度。評判リスク。風評リスク。
レピュテーションマネジメントは、企業の総体的価値(評価、評判、信用、信頼、絆)を失墜させない管理手法を指します。
このマネジメントは企業だけが必要なものではありません、著名人(政治家、執筆家、芸能人、スポーツ選手….など) も同様のブランド価値を有するため同じ手法の管理が有益です。

不祥事から貴方の会社を守ります。(企業不祥事の対処術)
レピュテーションマネジメントの専門家 (コンサルタント)
レピュテーション管理 (評価を下げない社会対応術)
リスクマネジメントの専門家 (コンサルタント)
リスクマネジメント (リスク把握から未然防止のリスク管理術)
クライシスマネジメント (危機対応管理術)
危機管理広報(謝罪会見に必須であるお詫びの法則)

「知識」がなければ「意識」は生まれない。
「意識」をしなければ「知識」は生かせない。
 知識と意識がなければ「行動」は生まれない。


More...
記事 コメント

不正や不祥事の「ピンチ」を「チャンス」に変える

2018年3月31日 6:00 PM [リスクマネジメント] 

2017年は、日産・神戸製鋼 ・スバル・三菱マテリアル・東レなど日本を代表する大企業の不正が多発し社会問題化しました。

そしてこれらの企業は不正の代償として「会社の信頼」を失うと共に「多額の損失」を招いたことはご存知のとおりです。

失った信頼は、
その後の努力しだいで回復ができますが、
損失は取り戻すことができません。

例えば、
年間の利益が100億円の会社が、不正や不祥事を起こしたことで利益が半減の50億円になってしまったとしましょう。
なにもせずに翌年の利益が150億円になったとしても、取り戻したとはいえません。
本年度利益50億円+翌年度利益150億円=200億円ですが、損失が無ければ100億円+150億円で2年間の利益は250億円で、50億円は減ったままです。

不正や不祥事で失った50億円は永久に取り戻せないのです。

だから不正や不祥事は起こしてはならないのです。
では、どのようにして利益を守るのか、その方法は……


それは、不正・不祥事を起こさないことしかありません。
あたりまえだと思われるでしょうが、これ以外にはないのです。

しかし、この “あたりまえは難しい”
簡単にできるのならば、不正・不祥事は起こっていません。


不正や不祥事を起こさせない方法はいろいろありますが、大別すると下記の二つに絞れます。
一つは、テクニック
(技術:知恵/知識/ノウハウ、仕組み、組織… など)
もう一つは、マインド
(精神:感情/情熱、雰囲気/社風/風土、意識/意欲、モチベーション… など)

今回は、不正や不祥事を起こさせない「マインド」についてお伝えします。

不正や不祥事が起これば、会社は「信頼」が低下すると共に「金銭的損失」を生みます。
(これは冒頭でお伝えしたことです)

そしてこれは事が重大であればあるほど、信頼は大きく低下し、利益も大きく低下します。
これ、あたりまえですよね。

実はこれに反比例するものがあります。
 何だと思われますか……
  ・
  ・
  ・

それは「危機意識」です。
事が重大であればあるほど、危機意識は高まります。
そしてこの危機意識は会社全体に広がります。

すると従業員一人一人が、
・なんとかこの危機を乗り越えなければならない
・何かしなければならない
と考え始めます。

この時、従業員全員が同じ方向を向いています。
だから社内を改革する絶好のチャンスなのです。

何を改革しなければならないかは、会社個々に異なると思いますが、このような改革の絶好のチャンスを逃さないことです。
(このようなチャンスは何度もめぐって来ません、何度もめぐって来るようであれば、別の意味で大問題です)


残念なことに、この改革のチャンスを逃す経営者は少なくありません。
* 2度も3度も不正や不祥事を繰り返す会社です。
これにはチャンスを逃す下記のような要因があります。

「経営者が深く反省をしていない」
そのため、“二度と不正や不祥事を起こさせない” 強い意志が感じられません。
(この意志、従業員が経営者の言動を見聞きすれば直ぐに感じます)

だから、従業員も真剣さを失います。
そのため、不正や不祥事が起こった真因にはたどり着けず、再び不正や不祥事が起こるのです。

不正や不祥事の再発防止に欠かせないこと
それは、事の真相を明らかにし、その内容を全従業員と共有することです。

そうでなければ、再発防止に欠かせない、
精神的支柱(マインド)である「危機感」「動機つけ」「意欲」も生まれません。

これらが全て起動しない限り改革は途中で頓挫します。
そして、このマインドが保てなければテクニックは機能しません。

このように「マインドは全のカギを握っている」のです。


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です