西野泰広 (にしの やすひろ)
ソニー株式会社のサービス部門に入社し、製品のアフターサービス業務(コンスーマ製品のアフターサービス業務に19年間従事)。中国上海に3年間赴任(中国国内のサービスネットワークの構築とディーラーサービスの強化に従事)。日本国内のマーケティング部門(CS部門でレピュテーション低下を防ぐ業務に9年間従事)など約31年間に渡り勤務。 退社までの9年間、企業のCSRをはじめレピュテーションに悪影響を与える事案を専属業務として従事。数多くの事案(年間約50件)に対処したことで、企業不祥事における消費者の心理や行動や変化を体験することでマーケットに対する対処の知識やノウハウを習得。 この知識とノウハウを生かし「企業不祥事の未然防止」「不祥事発現時のマーケット対応」「情報の一元化による組織力強化」「苦情・クレームの対処」などのコンサルティングをとおし経営サポートをおこなっている。
取材・講演依頼のお問い合わせは株式会社パールハーバープロダクションまでご連絡下さい。
TEL:03-5720-6626

最近のコメント

 

カテゴリー

  • リスクマネジメント (1)
  • レピュテーションマネジメント (1)
  • 記事 (1)
  • 謝罪&お詫び (3)
  •  

    アーカイブ

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  •  

     

    レピュテーション(Reputation):

    損失を被る危険度。評判リスク。風評リスク。
    レピュテーションマネジメントは、企業の総体的価値(評価、評判、信用、信頼、絆)を失墜させない管理手法を指します。
    このマネジメントは企業だけが必要なものではありません、著名人(政治家、執筆家、芸能人、スポーツ選手….など) も同様のブランド価値を有するため同じ手法の管理が有益です。

    不祥事から貴方の会社を守ります。(企業不祥事の対処術)
    レピュテーションマネジメントの専門家 (コンサルタント)
    レピュテーション管理 (評価を下げない社会対応術)
    リスクマネジメントの専門家 (コンサルタント)
    リスクマネジメント (リスク把握から未然防止のリスク管理術)
    クライシスマネジメント (危機対応管理術)
    危機管理広報(謝罪会見に必須であるお詫びの法則)

    「知識」がなければ「意識」は生まれない。
    「意識」をしなければ「知識」は生かせない。
     知識と意識がなければ「行動」は生まれない。


    More...
    記事 コメント

    「レピュテーション マネージメント」の専門家 西野泰広です。

    2017年9月6日 10:00 AM [記事] 

    皆さんこんにちは、
    「不祥事から会社を守る」専門家とも呼ばれています。
     
    “レピュテーション マネージメント”聞きなれない言葉だと思います。
    レピュテーションとは企業に対する消費者の「評価/評判」のことで、広義に捉えれば「消費者や社会」が評価した「社会的価値と社会的信用」で、企業であれば『経営品質』を表わしたものと言えます。
     
    私の主な業務は
    企業の「社会的価値/社会的信用をより向上させる管理」
    経営者の皆様が築き上げた「社会的価値/社会的信用を低下させない管理」
     
    について、セミナー、講演、コンサルティング…などを通してお伝えしております。同時に経営者の方からは「信用低下」に対する不安が解消し“安心を得ることができた”と評価をいただいています。
     
    企業にとって、このレピュテーションは『不祥事』を起こした場合に大きく影響を受け、時には会社の存亡にかかわる事態にまで至ります。
    このことからあるクライアント様に「不祥事から会社を守る専門家」と呼ばれるようになりました。“マトを得た表現”と感心し使わせてもらっています。
     
    このコラムでお伝えするのは、
    ・長期安定経営と持続可能な(sustainable/sustainability)競争優位性に欠かせない“企業イメージ構築”の柱である、企業文化や風土の形成に関する考え方や手法や事例をお伝えいたします。このことは社会的価値や信用の向上につながります。
    ・不祥事発現時の適切な社会(マーケット)対処の考え方や手法や事例をお伝えします。これは社会的価値や信用の低下を防ぐことにおおいに役立つばずです。
     

      
    中小企業の経営者から、よく“うちの会社はまだレピュテーションを考えなければならないレベルにはない”とお聞きしますが、事業を発展させる思いがあるのならレピュテーションマネジメントは事業規模に関係なく必要です!
     
    また、同じレピュテーション管理でも事業状況(時期)により管理手法が違います。
    ・成長期: 収益が安定せずバラツキが非常に大きい状況
    ・安定期: 安定した収益が続き中期計画が立てられる状況
    ・成熟期: 社会的価値/社会的信用が得られ長期計画が立てられる状況
    この時期の違いによって管理しなければならない優先順位が違ってくるのです。
    このことについては、別の機会にお伝えいたします。
     
    また、レピュテーションマネジメントは企業だけが必要なものではありません、社会的影響力の高い著名人(政治家、芸能人、文化人、スポーツ選手…など)も同様の管理(品格や人格の管理)をお勧めします。
     
    ただ、会社の実力以上の利益を望む“利益最優先”の方や“不透明な企業経営”を行なう方々にはこの管理手法は参考になりません。
     
     
    ≪次回は≫
    “誤ったレピュテーション管理が及ぼす事業への影響”
    についてお伝えいたします。

    コメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です