西野泰広 (にしの やすひろ)
ソニー株式会社のサービス部門に入社し、製品のアフターサービス業務(コンスーマ製品のアフターサービス業務に19年間従事)。中国上海に3年間赴任(中国国内のサービスネットワークの構築とディーラーサービスの強化に従事)。日本国内のマーケティング部門(CS部門でレピュテーション低下を防ぐ業務に9年間従事)など約31年間に渡り勤務。 退社までの9年間、企業のCSRをはじめレピュテーションに悪影響を与える事案を専属業務として従事。数多くの事案(年間約50件)に対処したことで、企業不祥事における消費者の心理や行動や変化を体験することでマーケットに対する対処の知識やノウハウを習得。 この知識とノウハウを生かし「企業不祥事の未然防止」「不祥事発現時のマーケット対応」「情報の一元化による組織力強化」「苦情・クレームの対処」などのコンサルティングをとおし経営サポートをおこなっている。
取材・講演依頼のお問い合わせは株式会社パールハーバープロダクションまでご連絡下さい。
TEL:03-5720-6626
 

レピュテーション(Reputation):

損失を被る危険度。評判リスク。風評リスク。
レピュテーションマネジメントは、企業の総体的価値(評価、評判、信用、信頼、絆)を失墜させない管理手法を指します。
このマネジメントは企業だけが必要なものではありません、著名人(政治家、執筆家、芸能人、スポーツ選手….など) も同様のブランド価値を有するため同じ手法の管理が有益です。

不祥事から貴方の会社を守ります。(企業不祥事の対処術)
レピュテーションマネジメントの専門家 (コンサルタント)
レピュテーション管理 (評価を下げない社会対応術)
リスクマネジメントの専門家 (コンサルタント)
リスクマネジメント (リスク把握から未然防止のリスク管理術)
クライシスマネジメント (危機対応管理術)
危機管理広報(謝罪会見に必須であるお詫びの法則)

「知識」がなければ「意識」は生まれない。
「意識」をしなければ「知識」は生かせない。
 知識と意識がなければ「行動」は生まれない。


More...
記事 コメント

リスクマネジメントは、「組織と仕組」がなければ機能しない

2017年12月30日 1:23 PM [リスクマネジメント] 

リスクマネジメントの専門家 
リスクマネジメント(レピュテーションマネジメント、クライシスマネジメント)は、「組織」と「仕組」と「○○が働かなければ」適切に機能しません。

なぜなら “リスクは行動に伴い生まれる不確かな影響” で、不確かであるがゆえに常に監視と管理をしなければなりません。

また、リスクは排除するものではなく、コントロール(管理)するものです。 
そのために必要となるのが「監視する仕組」と「管理する組織」です。

そして、リスクをコントロール(管理)するには「正確な情報」が不可欠です。

この正確な情報(判断材料)をどのようにして入手するかが、適切な管理に必要な判断と決断が行えるカギとなります。

誤った情報を基に判断と決断をすれば、どのような結果になるかは容易に想像できると思いますが…
近年、社会問題にまで発展した不正の多くは、誤った情報による判断と決断であると言えます。
 例えば、この事案…



<事例の事案>
製造事業所での完成車に対する安全性検査を無資格者である補助検査員が行っていた不正。

この事案、正確な情報が社長やCEO(最高経営責任者)に入っていれば、初回の記者会見で公表した情報が何度も修正されることはなかったはずです。

入手した情報は正しいと「判断」し、情報の精査を行わず会見を行う「決断」をしたことで、公表した情報を修正しなければならない事態が起きました。

なぜ情報が正しいと判断したのか、その詳細は関係者でなければ分かりませんが、不確実な情報であればその前提で説明するか、または会見を延期すればよかったのです。

公表した情報が修正されるたびに社会は “まだ何か隠している” と考え、情報の信憑性低下と同時に会社の信頼も低下します。


誤った「判断」と「決断」はなぜ起こる。
「判断」と「決断」には、物事の真偽や善悪を見極め自分の考えを定め、はっきりとした意志を決定しなければなりませんが、限られた時間でこれらの作業を一人で行うことは出来ません。

(1)適切な「判断」には「正確な情報」が不可欠 
上記の事例であれば、
・どのような不正か(安全問題、安心問題、品質問題… など)
・どの部署で、誰の指示で、なぜ行われていたのか
・不正はいつからいつまで行われたのか
・不正の対象車種は、対象数は、その出荷先は
…など正確な5W1Hの情報です。

(2)現在の社会状況は
(3)事案の重篤性を評価する
(4)自分の考えをまとめ、対処の「判断と決断」をする
 (会社を取り巻くしがらみや業績への影響などは排除し決断する)

“(1)情報収集 ~(4)決断まで” の作業を数日間で行わなければなりませんが、社長やCEOが出来るのは(4)だけです。
(1)(2)(3)は「組織」と「仕組」に任せるしかありません。

事例の事案は、限られた時間で正確な情報が得られなかったのです。

これは「組織」と「仕組」が機能していなかった証でもありますが、実は組織と仕組を適切に機能させるためにはもう一つ重要なものがあります。

ある規模以上の会社であればリスクマネジメントに必要な「組織」と「仕組」はあるはずです。しかし不正は起こっています。
なぜでしょうか。
これが冒頭の“「○○が働かなければ」機能しない” です。
この「○○」とはなんだと思われますか…



この〇〇とは「ガバナンス」です。
リスクマネジメントは、ガバナンスが働かなければ適切に機能しないのです。

社会問題にまで発展した不正の多くはガバナンスが働いていないために起こったとも言えます。

不正が何十年も行われていた。このような会社にガバナンスが働いていたと言えますか。


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です