西野泰広 (にしの やすひろ)
ソニー株式会社のサービス部門に入社し、製品のアフターサービス業務(コンスーマ製品のアフターサービス業務に19年間従事)。中国上海に3年間赴任(中国国内のサービスネットワークの構築とディーラーサービスの強化に従事)。日本国内のマーケティング部門(CS部門でレピュテーション低下を防ぐ業務に9年間従事)など約31年間に渡り勤務。 退社までの9年間、企業のCSRをはじめレピュテーションに悪影響を与える事案を専属業務として従事。数多くの事案(年間約50件)に対処したことで、企業不祥事における消費者の心理や行動や変化を体験することでマーケットに対する対処の知識やノウハウを習得。 この知識とノウハウを生かし「企業不祥事の未然防止」「不祥事発現時のマーケット対応」「情報の一元化による組織力強化」「苦情・クレームの対処」などのコンサルティングをとおし経営サポートをおこなっている。
取材・講演依頼のお問い合わせは株式会社パールハーバープロダクションまでご連絡下さい。
TEL:03-5720-6626
 

レピュテーション(Reputation):

損失を被る危険度。評判リスク。風評リスク。
レピュテーションマネジメントは、企業の総体的価値(評価、評判、信用、信頼、絆)を失墜させない管理手法を指します。
このマネジメントは企業だけが必要なものではありません、著名人(政治家、執筆家、芸能人、スポーツ選手….など) も同様のブランド価値を有するため同じ手法の管理が有益です。

不祥事から貴方の会社を守ります。(企業不祥事の対処術)
レピュテーションマネジメントの専門家 (コンサルタント)
レピュテーション管理 (評価を下げない社会対応術)
リスクマネジメントの専門家 (コンサルタント)
リスクマネジメント (リスク把握から未然防止のリスク管理術)
クライシスマネジメント (危機対応管理術)
危機管理広報(謝罪会見に必須であるお詫びの法則)

「知識」がなければ「意識」は生まれない。
「意識」をしなければ「知識」は生かせない。
 知識と意識がなければ「行動」は生まれない。


More...
リスクマネジメント カテゴリー

なぜ「利益優先」の価値観が生まれるのか

2018年11月30日 3:41 PM [リスクマネジメント] 

気付いていますか。
不正の多くは利益優先の「価値観」が引き起こしていることを。
これは、会社の信頼にネガティブな影響を与えるような局面においても、利益を優先した判断が下されていると言うことです。
(近年多発している大企業の不正事案を考察すれば見えてきます)
そして、これは会社に貢献しようとする思いが強ければ強い経営者ほど価値観は誤った方向に向かうのです。
 
経営者の価値観は、
過去の人生や業務の中で身に付けた “成功体験(ものの見方や考え方)” が根底にあり、これを基準に物事を判断しています。
そして、これは意思決定の重要な判断基準となり、自分にとって何が重要だと感じる優先順位になるのです。

社会人の主な価値観には下記のようなものがあります。
(a群)収入、休日、余暇、自由 … など
(b群)充実した仕事(職場)、安定した生活 … など
(c群)自己成長、やりがい、生きがい、仲間、家族 … など
(d群)会社貢献、利益 … など
(e群)地位、名誉、権威 … など
(f群)志(社会貢献 … など)
このような中から何を優先するか、その順番が価値観です。

※ よく「価値観」と「欲求」についての質問を受けますが価値観と欲求はお互いに影響を高めあう関係にあります。
欲求は、自分で満たさない限り求め続け、この満たそうとする行動に価値観が後押しするのです。


そして、価値観は心理状態(置かれている“立場、環境、状況”)によって大きく変化します。
だから経営者と従業員とでは、価値観が大きく異なるのです。
(特に上位の優先順位が異なっています)
また、個々の価値観は、複数ある価値の優先順位上位5つでほぼ形成されていると言われています。

では経営者の価値観は、どのようなものだと思われますか…… 続きを読む…

「価値観」は最強の危機管理マネージャー

2018年09月27日 3:34 PM [リスクマネジメント] 

価値観の葛藤は「誤った価値観」と「適切な価値観」の “戦い” です。
そして、誤った価値観を持つ者が勝者となったときに不祥事が起こります。

例えば、スポーツ界で次々に起こった不祥事。
その中でもひときわ大きく取り上げられた日大アメフト部のタックル問題。
この事案では日大内部の幹部職員や教職員間で、問題への対処見解が大きく異なっていることが分かります。

また、先日(2018/9/25)休刊を決断した月刊誌「新潮45」。
LGBT(性的少数者)を誹謗するなど常識を逸脱する記事で社会の強い憤りと抗議で休刊に追い込まれました。
出版に際し編集部内で価値観の違いから社運をも左右する葛藤があったことは容易に想像できます。

これらの不祥事は、一部の者が持つ誤った価値観を強要したことで起きました。
・日大アメフト部のタックル問題は、「勝利至上主義」
“勝つためには手段を選ばず” この価値観が不祥事を引き起こしました。
更に日大は、危険なタックルを指示した監督とコーチの処遇でも、
価値観の違いから教職員間で紛争になりました。


・新潮45の休刊問題は、「利益至上主義」
“利益を上げるためには手段を選ばず” この価値観が不祥事を引き起こしました。

価値観は強要するものではありません。共感を得るものです。
(共感が得られる価値観は最強の組織風土を築きます)

共感を得るためには、
適切な価値観を “見いだし” 共有しなければなりませんが、それには価値観がどのように形成されているかを知ることです。 続きを読む…

西日本豪雨、被害の多くは「人災」?

2018年07月31日 1:19 PM [リスクマネジメント] 

西日本豪雨災害(2018年7月)は、広島・岡山・愛媛を中心に大きな被害をもたらしました。
そして、このような被害を見るたびに「なぜこれほどまでに被害が大きくなったのか、なぜ多くの犠牲者が出たのか」いつも考えます…… 

今回は、少しでも人的被害を軽減するために必要な行動についてお伝えしたいと思います。

人的被害を軽減するために必要となるアイテムは4つです。
それは、「意識」「情報」「知識」「行動」です。

この被害軽減の方程式は
(意識×情報)×(意識×知識)= 行動 です。
「行動」は、“意識と情報と知識” があれば自然に生まれます。
 (意識0×情報)×(意識0×知識)= 行動0  これでは行動は生まれません。
 (意識×情報0)×(意識×知識)= 行動0  これでも行動は生まれません。

【意識】
当然ですが、何だかの行動をしない限り災難から逃れることはできません。その起点となるのが「意識」です。

意識とは “被害を防ぎたい” との思いで、この意識を高めるには「啓発活動」しかありません。
どれだけ啓発活動を行ったか、この努力が結果となって表れます。

意識が高ければ、豪雨による人的被害の多くは防げるのです。
だから「人災」といえます。

そして、
・意識すれば必要な情報は入手できます。
・意識すれば情報は知識に変わります。
・そして知識は、意識がなければ生かせません。
このように「意識」がカギとなります。

人的被害を防ぐために、
入手しなければならない「情報」と「知識」は…   続きを読む…

不正や不祥事の「ピンチ」を「チャンス」に変える

2018年03月31日 6:00 PM [リスクマネジメント] 

2017年は、日産・神戸製鋼 ・スバル・三菱マテリアル・東レなど日本を代表する大企業の不正が多発し社会問題化しました。

そしてこれらの企業は不正の代償として「会社の信頼」を失うと共に「多額の損失」を招いたことはご存知のとおりです。

失った信頼は、
その後の努力しだいで回復ができますが、
損失は取り戻すことができません。

例えば、
年間の利益が100億円の会社が、不正や不祥事を起こしたことで利益が半減の50億円になってしまったとしましょう。
なにもせずに翌年の利益が150億円になったとしても、取り戻したとはいえません。
本年度利益50億円+翌年度利益150億円=200億円ですが、損失が無ければ100億円+150億円で2年間の利益は250億円で、50億円は減ったままです。

不正や不祥事で失った50億円は永久に取り戻せないのです。

だから不正や不祥事は起こしてはならないのです。
では、どのようにして利益を守るのか、その方法は…… 続きを読む…

リスクマネジメントは、「組織と仕組」がなければ機能しない

2017年12月30日 1:23 PM [リスクマネジメント] 

リスクマネジメントの専門家 
リスクマネジメント(レピュテーションマネジメント、クライシスマネジメント)は、「組織」と「仕組」と「○○が働かなければ」適切に機能しません。

なぜなら “リスクは行動に伴い生まれる不確かな影響” で、不確かであるがゆえに常に監視と管理をしなければなりません。

また、リスクは排除するものではなく、コントロール(管理)するものです。 
そのために必要となるのが「監視する仕組」と「管理する組織」です。

そして、リスクをコントロール(管理)するには「正確な情報」が不可欠です。

この正確な情報(判断材料)をどのようにして入手するかが、適切な管理に必要な判断と決断が行えるカギとなります。

誤った情報を基に判断と決断をすれば、どのような結果になるかは容易に想像できると思いますが…
近年、社会問題にまで発展した不正の多くは、誤った情報による判断と決断であると言えます。
 例えば、この事案… 続きを読む…