中沢 努(なかざわ・つとむ)
早稲田大学文学部で哲学を学び卒業後、同時通訳訓練を受ける。事業会社を経てアーサーアンダーセンへ入社。同社コンサルティング部門にて、人事戦略立案、コンピテンシーモデル設計、業績評価制度設計、報酬制度設計、人材アセスメント、人材育成、M&Aや組織再編に伴う組織や人事問題に関する各種コンサルティング活動に従事。 2005年、パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニーを設立。現在はこれまでの活動に加え、経営会議等におけるアドバイザリー、コンプライアンスやリベラルアーツ教育の分野でのコンサルティング、研修、講演も行う。哲学や心理学に対する造詣が深く、それらの知見をコンサルティング・意識改革・人材育成等に採り入れ応用。伝統的日本企業の組織や人材に対する深い理解と経験を有しており、日本国内中心で活動している企業のみならず、グローバル企業に対してもコンサルティングサービスを提供している。通常のコンサルティング・研修に加え、外資系クライアント向けに英語によるコンサルティングやファシリテーションも行う。
取材・講演依頼のお問い合わせは株式会社パールハーバープロダクションまでご連絡下さい。
TEL:03-5720-6626
シンク! (No.17(2006Spring))
出版社:東洋経済新報社 (2006/04)
価格:1944円
ISBN:978-4492830185
【特集】超ロジカルシンキング —論理プラスアルファの「思考の技術」 問題解決の道筋を考える技術、相手に自分の考えを伝える技術として、ロジカルシンキングが重要であることは言うまでもない。しかし、相手を納得させ、自分の意図する反応を相手から引き出すためには、論理の正しさにとどまらない、プラスアルファの能力や技術が必要だ。基本を押さえつつ、そのプラスアルファについて、先達たちが解説する。
論理を超える“成熟思考”のすすめ—知と情の”アウフヘーベン” 中沢努 パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー代表

最近のコメント

 

カテゴリー

  • 記事 (1)
  •  

    アーカイブ

  • 2017年8月
  •  

     

    社会問題に興味を持つミドル世代に「人間」の視点から「新しい論点」を提案します。

    既存の論評や解釈には満足できないミドル世代へ、「人間」の視点から「新しい論点」を提案します。

    世の中の矛盾を「人間」の視点から読み解き、誰も気づかなかった「新たな視点」を提示します。

    「正解のない問い」を考え抜く力をつけるお手伝い。

    「手間をかけた思考」が本質を露わにする。

    純粋に感じ、考える。徹した者だけが見える言説を伝えます。

    「何気ない日常」を凝視する。そうすれば「本質」が見えてくる。

    一人一人が考えるしかない。だから私は問いかけます。

    ものごとの前提を疑う。それが「新しい視座」を生み出す。

    誰もが「違和感」を持っている。だから私は発言します。


    実績

    人間を深く考える専門家。お客様を「深く考えさせる」会社の代表。 コンサルタントとして20年のキャリア。
    現在は「企業倫理・コンプライアンス」と「教養・リベラルアーツ」でコンサルタント、研修/講演講師として活躍。
    WEBによる情報発信も積極的に行う。

    メディア

    NHK『首都圏ネットワーク』(総合テレビ)-2013年5月29日
    東京新聞『こちら特報部』ビジネスマンよ 哲学を学べ 狙いはリーダー育成 -2013年7月7日
    日本経済新聞「リベラルアーツ研修/教養研修」-2013年12月2日
    フジテレビさきつぶ「企業に広がる?リベラルアーツ研修」-2013年12月10日
    ビジネスプロフェッショナルが薦める200冊(東洋経済新報社Think!(シンク)創刊5周年特別企画)へ推薦図書3冊を紹介

    More...
    記事 カテゴリー

    ご挨拶

    2017年08月07日 11:39 am [記事] 

    はじめまして。
    私は「人間を深く考える」専門家です。

    これから、社会の様々な出来事を「人間」の視点で捉え、私なりに感じたことや考えたことを素直に書いていきたいと思います。
    どうぞよろしくお願い致します。