ワインとチョコレート♡♥♡

ワインとチョコレート♡♥♡

 

さてさて、秒読みにはいりました~~~!!

「バレンタインデー」♡♥♡

あーでもない、こーでもないと、女子たちは準備に追われていたりして♪

そこでやっぱり、私「ワインなCA」としましては、
ワインとチョコレートの美味しいカンケーをお伝えしたくなっちゃうのです♡♥♡

「ワインとチョコレート、合うのぉ~!?!?」

なーんて声が聞こえてきそうですが・・・結論!

「合いますっっ!!!」

以前にもお伝えしましたね、
より一層美味しくいただくために、
食べ物とワインの“マリアージュ”(=相性)っ てとっても大切!

原則として、
「フレッシュでさっぱりとりした味わいには、さわやかで軽快なラ イトなワイン」
「スパイスの効いたお料理には、スパイスのニュアンス漂うワイン 」
「濃厚でこってりとした味わいには、しっかりと深みあるフルボデ ィなワイン」
といった具合です。
だから・・・
「甘い味わいには甘口のワイン」
とっても相性がいいんですよっ♪

また、耳にしたことがあると思いますが、
チョコレートにはたくさんのカカオ“ポ リフェノール”が含まれています。
このポリフェノールは、渋みや苦味の成分で、
同じく赤ワインにも、とっても豊富に含まれているんです。
相通じるフレーバーや成分は、やっぱり好相性♡
ということで、甘ぁ~いチョコレートによく合うのは・・・

「甘口の赤ワイン」!!

ということになります♪

特に、芳醇なカカオの香りに富んだ、濃厚な味わいのビターなチョ コレートには、
やはり、甘ぁい香りを放つ、濃い果実味を持った、赤の甘口ワインなどがよく合うんですよ。

なかでも、ナッツやドライフルーツなどが入ったチョコレートは、とってもいい感じ♪
ナッツの渋みや香ばしさ、そして、ドライフルーツの凝縮された濃厚な味わいと、
甘口の赤ワインのもつ心地よい渋みや、凝縮さ れた濃いフルーティ感との、
絶妙なハーモニーが楽しめるんです。

そこで、代表的な甘口の赤ワイン、ご紹介しちゃいます♪

「ポートワイン」


(参考画像)

ポルトガルの赤の甘口ワインで、チョコレートに合うワインとしては、定番中の定番!!

 

「バニュルス」


(参考画像)

フランスの赤の甘口ワイン。

その正当な好相性は、
「チョコレートと相性のいいワインは?」
「バニュルス!」
というのが、ソムリエ試験の正答だったりするほど!?

また、私「ワインなCA」個人的には、
こんなときこそ“赤の微発砲”がおススメだったりします♪

“おひとり様”でバレンタインデーを満喫!?(笑)するのであれば、
“ご褒美チョコ”と一緒に、甘ぁ~い微発砲の赤ワインなんて、
絶妙の“独り!マリアージュ”ですよ~♡♥

だぁ~い好きな「KALDI」(カルディ)で見つけたんです!

リーズナブルなのはもちろん、ハートな感じも、
“おひとり様”にはとってもうれしかったりして、笑♪

とろ~り甘口の赤ワイン♡♥♡

年に一度の「バレンタインデー」に、
大切なあの人に贈ってみたり、“おひとり様”にご褒美してみたりと、
チョコレートに添えて、楽しんでみてはいかが?

「不倫」って・・・

「不倫」って・・・
ここのところ、耳にしない日は無いほどに過熱報道されている「不倫」ネタ。

私“ワインなCA”も、意見をしてみたいと思いつきました~♪♪♪

私個人の基本の見解は、
「どーでもいいし、まったく関係のないアカの他人が、
どーのこーのと批判・評価するのはいかがなものかなぁ・・・」

って感じです。

あっ、もちろん、報道関係や芸能関係の方々はいいんですよ。
報道関係者やモノ書きの方などは、物事に意見し、それを発信していくことがお仕事だし、
それでメディアを盛り上げてナンボ、ですよね。
芸能界で“ご意見番”みたいなポジションの方であれば、
「ご意見」を求められれば、たとえその事実関係や背景を詳しく知らなくても、
役割上、それなりの「ご意見」を述べなければならないわけだし。
そんななかで、「不倫」だなんて、格好の話題=ネタなのだから、

おおいにあれこれ批判・評価をすればいいと思うんです。

ただ、そもそも、「不倫」ってひと言で言ったって、
お互いの美味しいところだけをついばみ合って楽しむような、ライトボディな関係から、
当人同士のみならず、
家族や周囲の人間までをもしっかりと巻き込んでどっぷり浸かってしまうような、

フルボディな関係まで、実にさまざまですよね。

その事実関係やそこに至るまでの背景など、真実をすべて総体的に把握できるのでなければ、
アカの他人の素人が、どーこー批判・評価するのって、

あんまり意味がないんじゃないのかなって・・・。

今回の小室さんの一件がいい例ですよね。
これまで、「不倫はイカン!!」と一貫していた社会通念が、
介護が介在している事実が認められるや否や、
一転して、この不倫(!?)に限っては、擁護や同情の的にすらなり、

世間は手のひらを返したように、今度は「文春」側に集中砲火をあびせていますよね。

今は亡き大物司会者ご夫妻だって、そもそもは不倫から始まった略奪愛とのことですよ。
不倫の時点では世間からバッシングをされ、添い遂げたら一転、“おしどり夫婦”と称される、
といった具合です。

世間の評価なんてものは、実に勝手なものですよね。

それに、芸能人がその不倫を、囲み取材の中“謝罪”している姿をよく見かけるけれど、
ある大好きな芸人さんも言っていましたが、実際、
世間様への“謝罪”の必要ってあるのかな!?って・・・。
実害を及ぼしてしまった家族や関係者に対してのみ、“謝罪”をすればいいのであって、
だって、世間様には所詮カンケーのないことだし。
まぁ、しいて言えば、芸能人の場合、
「好感度が下がったら困るし、カタチだけでもしおらしく謝っておくか・・・」
くらいの注釈の上、

便宜上、世間様に“謝罪”するのもアリなのかなぁ、とは思いますが。

そんな、私「ワインなCA」としましては、
アカの他人の不倫など、まったくもってどーでもいいことですが、
ただひとつ言いたいことは、
女性として、明るい展望をもつことの出来ないような悲しい恋愛であれば、
それに長い時間を費やすべきではない!ということでしょうか。

花の命は短い!ので。

ワインだって、相当するものでなければ、
いくら長期間寝かせても、いい熟成をした価値あるワインにはならないんですから。
同じお付き合いをするなら、「いい状態=いい関係」で熟成をし、
ステキなヴィンテージ・カップルになれたらいいですよねっ♡♡♡

バレンタインデーに・・・

バレンタインデーに・・・

早いもので、ついこのあいだ年が明けたと思ったら、2月に入りました~

さてさて、2月の目玉行事といえば・・・「節分」!!

それはもちろんだけれど、やっぱり・・・

 「バレンタインデー」♡♡♡

“ご褒美チョコ”、“友チョコ”、“俺チョコ”などなど・・・
新種の(!?)チョコたちが発生し、
いわゆる“本命チョコ”の存在が薄れかねない、近年ではありますが・・・。
まっ、関連ある企業努力により、

「バレンタインデー」が盛り上がるのはいいことですよねっ♪

みなさまにとって「バレンタインデー」って、どんな日ですか?
“おもいきった告白!の日”
“大好きな人と一緒に過ごしたい日”
“口実をつけて、自分自身にご褒美をする日”
“あまり関係ないし、むしろちょっぴり面倒な日”
etc・・・
感じ方は人それぞれですが・・・。


“ワインなCA”

そんな私としましては、やはり、ステキなワインと一緒に♡って思っています。

そこで、“ワインなCA”である私の、超おススメ☆
大切な人に贈る、オトナで上級な“愛のギフト”として、このワインはいかがでしょうか?


「Chateau Calon Segur」

(シャトー・カロン・セギュール

 

格付け3級シャトーである、ボルドーの赤ワインです。

お気づきとは思いますが、ハートが描かれたエチケット(ラベル)が目を引きますよねっ!
それはあまりにも有名で、バレンタインデーのみならず、
結婚のお祝いやお誕生日など、大切な人に贈る“愛あるワイン”として最適なのです♪

ワインとしてのレベルは大変に高く、
フランスは、超一流シャトー(=生産者・醸造所)である、
“シャトー・ラトゥール”と“シャトー・ラフィット・ロートシルト”を所有していたセギュール侯爵が、

これら超一流のシャトーを所有しつつも、このカロンセギュール最も愛し、

「われラフィットやラトゥールをつくりしが、わが心カロンにあり」

との名言を残したことが伝説になっているほど!

第1級にも劣らない、大変に高品質の超一流ワインであると言えます。

私が以前、お誕生日に、このワインをいただいた際には、

「力強さと優雅さを兼ね備えた、そう、たとえるのなら“女王様”のようなワイン!!」

と、思わず口にして表現してしまったことを、今でもとってもよく覚えています。

重厚で力強くしっかりとした味わいの中に、

エレガントでシルクのように滑らか、そして芳醇で複雑な果実味をはっきり感じたのです。

ああ~~~っ!!

私も、そんな深みのあるワインな女性になりたいっ!www

ハート♡の描かれた、この超一流ワイン

「Chateau Calon Segur」

(シャトー・カロン・セギュール

このワインとともに、大切な日に大切な人と、
ハートに満ちた特別な時間を過ごしてみてはいかが?