「紫鈴 rindo」

「紫鈴 rindo」
2018年、フライト続きで忙しいながらも、充実の好発進をみせています


「ワインなCA」

です☆★☆

さてさて、この年末年始にかけて、

楽しいお酒の席が目白押し、なーんて方も多いのではないでしょうか?

そういったなかでも、お酒好きとしまては、
スペシャルな機会にはやっぱり、スペシャルなお酒を開けたいものですよねっ♪

今年、 私「ワインなCA」の飲み初めとなった、とっておき極上ワインは・・・

「紫鈴 rindo」

 

ワイナリー「KENZO  ESTATE」(ケンゾーエステイト)の、フラッグシップワインです。
株式会社「CAPCOM」(カプコン)の代表取締役会長CEO・辻本憲三氏が、
アメリカ・カリフォルニア州はナパ・ヴァレーに所有する、
ワイナリー「KENZO  ESTATE」(ケンゾーエステイト)にて、
こだわりぬいて造り上げた、珠玉の逸品といえる赤ワインなのです!!
しっかりとした質感と深みは大変特徴的で、かつ、
その繊細な滑らかさは、非常にしなやかにしてエレガント、とっても心地がいいのです。
初めてこの「紫鈴 rindo」に出逢ったときには、
あまりにも自分好みのこのワインに、運命を感じてしまうほどに感激し、
おもわずその“生い立ち”について詳しく調べずにはいられないほどでした。
そして、「KENZO  ESTATE」(ケンゾーエステイト)オーナー・辻本憲三氏をはじめ、
このワイナリーにてワイン造りに携わるみなさま方の情熱に、
私はもう、すっかり魅了されてしまったのです!

現在、「KENZO  ESTATE」(ケンゾーエステイト)におけるワインのラインナップは、

「紫鈴 rindo」(赤)
「明日香 asuka」(赤)
「藍 ai」(赤)
「紫 murasaki」(赤)
「あさつゆ asatsuyu」(白)
「結 yui」(ロゼ)
「夢久 muku」(白・デザートワイン)

ワイン好きの方でしたら、是非ぜひ一度は絶対に味わっていただきたい、
そんな秀逸なワインぞろいです。

また、ご挨拶やお呼ばれなどの機会の多いこの時期、
ワイン好きの方への贈答用としてもちいれば、
贈り手のセンスもキラリと光り、先方によろこばれること必至ですよっ!

 「紫鈴 rindo」とともに好発進をした、私「ワインなCA」の2018年。
なんだかとっても楽しみですっ♪♪♪