今年2017年の出来栄えは・・・

今年2017年の出来栄えは・・・

みなさま、今年のボジョレーヌーボー、楽しんでいますか?

「今年の出来栄えは・・・」

だなんて難しいことは、その造り手など、専門の方々にまかせておいて、
フツーのワイン好き、そしてイベント好きでしたら、
ボジョレーヌーボーのフレッシュで旬な美味しさを、

ただ純粋にさわやかに、季節のイベント事として楽しむのもありかなって思っています。

しかしながら私は、


“ワインなCA”

今年2017年の出来具合にはもちろん興味がありますし、
これまたワイン好き、そして少々のうんちく好き(笑)の方々への基礎知識として、

その出来栄えの評価をシンプルにお伝えできたらなって思います♪

さて、ボジョレーヌーボーといえば、その出来栄えについて、

毎年のことながら、魅力的な評価の言葉が踊りますね、いわゆる・・・

“キャッチコピー”

販売業者がつけている“売り文句”でもあるので、なかなかインパクトあるフレーズが耳に残ります。

さて、今年2017年はというと・・・

「今世紀最高と称される2015年を上回る、芳醇さと優美さが魅力」

「酸味と果実味とタンニンが見事なバランスで整っている。
今世紀最高の出来と言われた2015年を彷彿とさせる芳醇さがあり、

溌剌さとエレガンスさも兼ね備えている」

「収穫量こそ少ないものの今世紀最高と称された2015年を思い起こさせる。

しかも、一層溌剌としていて、優美さという点でもレベルが高い

といった、なんとも魅力的で、

消費者心をおもいっきりくすぐるインパクトあるフレーズが踊っているのです。

また、この春と初夏の悪天、夏の高温と晴天の影響を大いに受けた

ブドウの出来と生産量の総合的見地から、その希少価値も高いとのこと。

私“ワインなCA”が、分かりやすく端的にお伝えしますと、今年2017年の出来栄えは、


「今世紀最高と称された2015年のワインに匹敵する、
希少かつ至極の逸品!」

といったところでしょうか。

生産にかかわるすべての方々の“お仕事”に感謝をしつつ、
今年も美味しいワインをいただけるのを、とっても楽しみにしています♪♪♪