顔ヨガは美容効果だけではないのです☆

今日は顔ヨガの美容効果以外のお話をさせていただきたいと思います。

「顔ヨガ」というと、むくみやたるみの解消や、美肌に効果があるなど、
美容のイメージが大きいかと思います。

もちろん美容効果は高いです。

でも、美容効果だけでは無いのです!

健康面にも大きな効果が期待できます。

2月の名古屋でのフェイシャルヨガ(顔ヨガ)指導者養成講座を修了された45期生に、
3年前に悪性リンパ腫を患われた顔ヨガインストラクターさんがいます。

その方は闘病中にヨガと出逢い、ヨガの良さを体感され、その後、椅子ヨガの資格を取得。
昨年に椅子ヨガ教室をオープンし、

『自分と同じように病気で辛い思いをされている方に、椅子ヨガや顔ヨガで笑顔の輪を広めたい』

という想いでフェイシャルヨガ(顔ヨガ)指導者養成講座を受講されました。
(顔ヨガインストラクターにはガンサバイバーの方も多いです。)

その方が、

「この講座に参加して唾液がたくさん出てきた」

とおっしゃっていました。

実は、抗がん剤の副作用で唾液が出なくなっていたそうです。

それが、この講座で顔ヨガをすることによって唾液がたくさん出てきたので、

『顔ヨガは、自分にとても必要なものだ! 』

と実感されたそうです。

ちなみに、
【唾液が出ないとどうなるか】

唾液には、口の中の抗菌作用や自浄作用、消化作用や保護作用などの働きあり、
唾液が少なくなると、その働きが低下するので、口臭が強くなったり、虫歯や歯周病、口内炎などにもなりやすくなります。

また、食べ物も飲み込みにくくなるので、食事がすすまず、体力の低下にもつながります。

ですので、唾液が正常に出るということは、健康と深く関わるとても大切なことなのです。

顔ヨガでは、舌(舌筋)もしっかり動かします。

舌をあらゆる方向に動かすことで唾液の分泌を促します。

また、舌筋のトレーニングにもなりますので、
誤嚥性肺炎の予防であったり、
口呼吸の予防、
イビキの軽減にもつながります。

ということで、顔ヨガは美容効果以外にも、たくさんの健康効果が期待できます!

他にも色々とありますが、1回ではご紹介しきれないので、
また、別の機会に顔ヨガで得られる健康効果をご紹介しますね。

では、また~。