華慶子(はなけいこ)
海外で約10年間暮らし、帰国子女でインターナショナルなバックグラウンドを持つ。大学在学中に米国公認会計士の資格を取得し、その後は会計の専門知識を活かし、外資系企業に勤務する。また、世の中のお金の動きや経営のノウハウを習得するために、ビジネススクールで2年間学び、MBA資格も保有する。 その一方で、食やワインに関する幅広い専門知識を身に付け、「食のプロフェッショナル」としても活躍する。今は食に溢れる飽食の時代であり、無数の情報が溢れている時代であるが、本当に良いものを見極める力が必要とされる。内面から美しくなるには、正しい食生活を実践することが大切であるが、食育の普及啓発活動を行い、食に関する正しい知識を広める活動を行っている。中でも、チーズにおいては、チーズプロフェッショナルを取得し、チーズの伝え手を目指し、常に様々な情報を仕入れている。

取材・講演依頼のお問い合わせは株式会社パールハーバープロダクションまでご連絡下さい。
TEL:03-6278-7554

最近のコメント

 

カテゴリー

  • 記事 (3)
  •  

    アーカイブ

  • 2017年9月
  • 2017年3月
  • 2017年1月
  •  

     

    略歴

    慶應義塾大学大学院 経営管理研究科
    慶應義塾大学 商学部 商学科

    スキル・資格

    米国公認会計士
    TOEIC 980点
    MBA (経営学修士号)
    チーズプロフェッショナル(Cheese Professional Association)
    チーズプロフェッショナル協会 コムラードオブチーズ
    フートアナリスト
    食育アドバイザー
    食学検定(IFCA 国際食学協会)合格


    More...
    記事 コメント

    一番好きなチーズは?

    2017年3月9日 11:15 am [記事] 

    極上オトナのチーズソムリエの華慶子です。

     

    私はチーズの盛り合わせを週に一度は必ず頂きます。

    普通にチーズは毎日頂きますが、こんな風に、チーズの盛り合わせが運ばれてくると、テンション上がります。

     

    「一番好きなチーズは?」とよく聞かれますが、チーズはタイプごとに全く違うので、私にとっては難しい質問です。

    その時その時の気分で、毎回回答が変わる気がしますが、「コンテ」と回答することが一番多いです。

     

     

    コンテはフランス産のハードタイプのチーズで、私が特に好きなのは、熟成期間が24ヵ月のものです。

    ハードタイプならではの硬い触感もたまりませんし、長期熟成することにより旨味成分がギュッと凝縮されます。

     

    ハードタイプのチーズは、切り方によって味わいや触感が全く異なるので、色々な楽しみ方があります。

    薄くスライスして頂くのも良いですし、不規則な形に砕いて岩みたいなチーズの塊を頬張るのもとっても気持ちが良いです。

     

    コメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です