第2回えほん児童書コンテスト受賞作品『お猿の駕籠屋と動物たち』リリース開始!

第2回えほん児童書コンテストから、
新たな作品がリリースを開始いたしました。

第2回クリエイティブメディア出版
えほん・児童書コンテスト 児童書部門 ほほえみ賞を受賞!!

岡本 右(著)『お猿の駕籠屋と動物たち』

iOS版「iBooks」『お猿の駕籠屋と動物たち』はこちら
Android版「くりめぼん」『お猿の駕籠屋と動物たち』はこちら

 

エーッサ、エーッサ、エッサッサ
お猿の駕籠屋(かごや)が出会った珍奇な出来事の数々です。

 

1)狸も相撲を取るの?あんなに丸々太って気の良い狸さんが。うまくいったのかしら?

(2)野球のバットぐらい大きな蛇をかごに乗せるなんて!とんでもないこと起きないか?

(3)スッポン、亀、ガマガエルが温泉旅行で遭った災難は、大へんだったよ。

(4)のんたろう和尚さんってどんなひと?手負い傷の猪を、動物たち皆で救えるか。

(5)いたずら好きのカッパを見たら、どうしてくれる。二匹の猿が取った手は・・・。

(6)象の耳した兎っていったい何だろう?

(7)赤い狐と白い狐はどんなかけひきをしたのかな?そして最後はどうなったのだろう。お猿さんたちは狐らの秘密の世界をのぞいてしまった。

(8)子鴨を育てるはめになったアヒルはどんな苦労をしたのでしょう。その結末とは?

(9)マイマイツブリはカゴに乗ると乗物酔するんだって。ずるいカラスがなにををしたのかな?

(10)想像もつかない怪物が現代でもときどきいるのだから・・・。

たくさんの動物たちがお猿の駕籠屋にやってきます!
さてさて、お猿の駕籠屋の活躍はいかに?

 

Apple社iOS版は「iBooks」対応「iBooks store」にてリリース開始!

まずはサンプルから、
お猿の駕籠屋の世界を覗いてみてください。
そして、お猿の「ノンタ」と「ヤンシュ」、ふたりの頼もしいカゴかきを、ぜひご堪能ください!

さらにGoogle社Android版「くりめぼん」でも
『お猿の駕籠屋と動物たち』はリリースを開始しております。

ぜひAndroid版電子書籍アプリ「くりめぼん」より
『お猿の駕籠屋と動物たち』をお楽しみくださいませ。

 

頼もしいお猿が目を引く『お猿の駕籠屋と動物たち』。
この表紙、実は登場する動物たちがすべて描かれています。

何匹いるか、数えてみてください!

どの動物がどんなお話なのか、

そして駕籠屋のお猿さんたちの活躍はいかに?
気になった方はぜひ、『お猿の駕籠屋と動物たち』をご覧下さいませ!